メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
三百山付近から見た水島灘。手前が濃地諸島、右奥が上水島と下水島

水島灘(みずしまなだ)は、岡山県香川県の海域の一つである。

概要編集

瀬戸内海東部、本州と塩飽諸島笠岡諸島児島半島で囲まれた海域で、倉敷市水島地域の地名はここから由来している。海苔や貝類の養殖漁業が盛んであったが、高度経済成長期に伴う水島石油化学コンビナート造成によって、水質汚濁が顕著になり、沿岸漁業は次々と姿を消した。近年は環境対策も進み、水質は改善されつつある。

笠岡湾はカブトガニの生息地で知られる。また、寄島園地干拓事業によって陸続きになったものの、自然の砂浜が残る。

下津井は古い港町で、近世から昭和初期にかけて、港町として大いに栄えた。今日では漁業を中心とする閑寂な町並みで、タコ料理が名物。

一帯は台風による高潮の被害を受けやすく、2004年の台風16号では夥しい被害を受けている。

水島灘と船幽霊の伝説編集

水島灘は海が荒れやすく、瀬戸内海有数の船の難所として知られており、昔から難破が跡を絶たなかった。そのため、一帯には船乗りの亡霊が柄杓を求めて相手の船を沈めるという、船幽霊の伝説が残っている。大柄杓島、小柄杓島といった地名はこの伝説に基づく。

関連項目編集