メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

備後灘(びんごなだ)は、瀬戸内海中央部の海域。

概要編集

東は備讃瀬戸、南は燧灘、西は芸予諸島東部の弓削島因島に囲まれている。海底は平坦であり、タイサワラタコイカなどの漁が盛ん。古くから瀬戸内航路として役割を持って村上水軍が根拠地とした。尾道因島には大規模な港が作られて古くから造船業が栄えた。一方、福山市沿岸は埋め立てが進み、JFEスチール(旧NKK)をはじめとする工場が集積する。

福山市鞆の鞆の浦瀬戸内海国立公園を代表する景勝地で知られる。

関連項目編集