水野 忠房(みずの ただふさ)は、江戸時代中期の周防守水野家(忠増流)の世嗣。官位従五位下周防守

 
水野忠房
時代 江戸時代中期
生誕 元禄6年(1693年
死没 正徳2年1月16日1712年2月22日
官位 従五位下周防守
氏族 水野氏(忠清流)水野氏(忠増流)
父母 水野忠直
水野忠位
兄弟 忠周忠富石川勝之正室、
小笠原信辰正室、忠房忠照内藤種春板倉重泰正室、忠英鍋島直泰元陳
忠毅小笠原長暉室、鍋島副忠
テンプレートを表示

略歴編集

信濃国松本藩主・水野忠直の三男。

水野忠位の養子となり、宝永3年(1706年徳川綱吉御目見する。正徳元年(1711年)に叙任したが、翌年早世した。代わって、水野忠定を養子に迎え嫡子とした。