メインメニューを開く

水霊 ミズチ』(みずち)は、田中啓文によるホラー小説、及びそれを原作としたホラー映画である。なお、小説と映画では内容が大きく異なっている。

目次

小説編集

古事記を元にした神話をモチーフに、大がかりな伝奇ミステリーとして「」「イザナギ」「イザナミ」などの関係性を描いている。

映画編集

呪われた水を飲んだものが次々と発狂していく様を描いた「幽霊の出てこないホラー」として製作。

2006年5月27日公開。先行してサイドストーリー『水霊縁起録』全6話が同年5月10日からYahoo!動画にて配信された。DVDの発売は同年9月。セル版にはサイドストーリー同梱、レンタル版は別々にリリースされた。

あらすじ編集

新聞記者の戸隠響子は訪れた老人ホームで、目を鋏で潰して自殺した老人を見つけてしまう。その手には「しにみすをのむな」と書かれた紙が握られていた。また、響子の知人であった杜川乙一郎は、宮崎に行ったまま行方不明になり、「しにみすをのむな」というメモを残したまま両面を抉って自殺していた。

一方都内でも、異常な喉の乾きを示して、自ら目を潰して自殺するという事件が多発し、響子は杜川の失踪と「しにみすをのむな」と書かれたメモ、そして杜川が生前に言った伊邪那美命黄泉が一連の事件に何か関係しているのではないかと疑い始める。

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集