メインメニューを開く

永井 尚平(ながい なおひら)は、武蔵岩槻藩の第2代藩主。尚庸系永井家3代。

 
永井 尚平
Nagai Naohira.jpg
永井尚平
時代 江戸時代中期
生誕 元禄10年(1697年
死没 正徳4年8月29日1714年10月7日
改名 左衛門(幼名)、尚平
別名 大学(通称
戒名 享徳院元英自性
墓所 東京都中野区上高田の功運寺
埼玉県岩槻市の弥勒寺
官位 従五位下、伊賀
幕府 江戸幕府
武蔵国岩槻藩
氏族 永井氏
父母 父:永井直敬、母:永井直右の娘
兄弟 尚品尚平直陳、小四郎、尚方内藤頼由
正室:なし
養子:直陳
テンプレートを表示

元禄10年(1697年)、初代藩主(当時は下野烏山藩主)・永井直敬の次男として生まれる。正徳元年(1711年)、父の死去により家督を継いで岩槻藩主となる。このとき、弟の永井直陳に1500石、永井尚方に1000石を分与した。

しかし家督相続から3年後の正徳4年(1714年)8月29日に死去。享年18。跡を弟で養子の直陳が継いだ。