永井 成男(ながい しげお、1921年 - 2006年)は、日本哲学者東洋大学名誉教授。専攻は、科学哲学分析哲学

略歴編集

福島県生まれ。1944年東京医学歯学専門学校(現東京医科歯科大学)卒、1949年早稲田大学文学部哲学科卒。1957年同大学院(旧制)修了、千葉大学助教授、東洋大学短期大学教授、1992年定年、名誉教授。日本科学哲学会委員長。

著書 編集

  • 『分析哲学 言語分析の論理的基礎』弘文堂 1959
  • 『現代論理学の基礎 推理と分析の論理』有信堂 1964
  • 『科学と論理 現代論理学の意味』河出書房新社 1971
  • 『分析哲学とは何か 世界観の形成のために』1973 紀伊国屋新書
  • 『哲学的認識の論理』早稲田大学出版部 1974 双書現代の論理
  • 『世界観の論理』早稲田大学出版部 1976 双書現代の論理
  • 『認識と価値』早稲田大学出版部 1984
  • 現象主義と世界 認識・存在・価値』世界書院 1988 ぷろぱあ叢書

共編著 編集

翻訳 編集

参考文献 編集

  • 永井成男先生追悼号 論理哲学研究 2007

Web上の関連テキスト編集

脚注編集