メインメニューを開く

永井 英明(ながい ひであき、1926年大正15年)3月8日 - 2012年平成24年)9月24日[1])は、日本の将棋アマ強豪、近代将棋社社長。東京都目黒区出身[2]

1950年昭和25年)に雑誌「近代将棋」を創刊。1981年から1990年までNHK杯テレビ将棋トーナメント司会を務める。大山康晴とは近代将棋創刊から大山の死去に至るまで親交が深く、「大山康晴名言集 平凡は妙手にまさる」(佼成出版社)という著書もある。その他の著書に「将棋を一から覚える本 強くなる駒の動かし方」(新星出版社)、「これが極秘の一手だ NHK杯戦にみる投了図100選」(北辰社)など。

1994年、第1回大山康晴賞を受賞。

2007年、「永井英明の盤寿を祝う会」において、長年に渡る将棋普及への功績に対し、日本将棋連盟からアマ八段を贈呈された[3]

脚注編集

  1. ^ 日本経済新聞2012年9月24日
  2. ^ 永井英明「大山康晴名言集 平凡は妙手にまさる」佼成出版社、著者紹介
  3. ^ 永井英明氏の盤寿を祝う会(2007年3月30日)”. 十三棋道舘道場. 2017年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月19日閲覧。