メインメニューを開く

永利 新一(ながとし しんいち、1942年 - )は、日本実業家公認会計士税理士オーム乳業代表取締役社長、同社代表取締役会長、大牟田商工会議所会頭、如水監査法人代表、福岡県包括外部監査人等を歴任。

人物・経歴編集

福岡県大牟田市出身。福岡県立三池高等学校を経て[1][2][3]、1966年一橋大学商学部卒業。吉野昌甫ゼミ出身。1969年プライスウォーターハウス会計事務所入所。コンサルタントなどを務めた[4]

1974年家業の3代目としてオーム乳業代表取締役社長に就任。冬季の牛乳への需要減に対応して生クリーム製造を開始したり、コーポレートアイデンティティや、学校給食、自社販売などの販売チャンネル整備を行った[4]。1994年ヤマエ久野監査役[3]。1996年から2004年まで大牟田商工会議所会頭。1998年有明ねっとこむ代表取締役。2002年オーム乳業代表取締役会長[4]

2004年中央青山コンサルティング取締役会長[3]。2005年永利公認会計士・税理士事務所設立、同所長。2007年如水監査法人代表就任[4]福岡県包括外部監査[5]福岡中央銀行監査役[6]昭和鉄工取締役[7]グリーンランドリゾート監査役、みらいコンサルティング最高顧問[3][1]等も歴任。

脚注編集

外部リンク編集