メインメニューを開く

永持 源次(ながもち げんじ、1884年7月23日 - 1978年8月18日)は、日本の陸軍軍人実業家陸軍砲工学校長。最終階級は陸軍中将

永持 源次
生誕 1884年7月23日
東京府
死没 (1978-08-18) 1978年8月18日(94歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1903 - 1945
最終階級 陸軍中将
除隊後 日本製鐵常務
日本特殊鋼社長
全国軍人恩給連合会長
テンプレートを表示

目次

経歴編集

東京府出身。旧幕臣永持明徳砲兵中佐の二男として生まれる。

1896年(明治29年)に高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1901年(明治34年)に高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。

東京陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1903年(明治36年)11月、陸軍士官学校(15期)を卒業。翌年2月、砲兵少尉に任官し東京湾要塞砲兵連隊付となる。1904年(明治37年)5月、徒歩砲兵独立大隊付として日露戦争に出征。陸軍要塞砲兵射撃学校教官、重砲兵第2連隊付などを経て、1909年(明治42年)11月、陸軍砲工学校高等科(15期)を優等で卒業した。

1910年(明治43年)7月から1913年(大正2年)10月までフランスに駐在。同年10月、東京砲兵工廠に配属され、陸軍重砲兵射撃学校教官に転じ、1918年(大正7年)7月、砲兵少佐に昇進。1922年(大正11年)8月、陸軍野戦砲兵学校教官に就任し、1923年(大正12年)8月、砲兵中佐に進級し陸軍造兵廠員となる。1925年(大正14年)5月、陸軍省兵器局課員に異動し、兵器局銃砲課長に転じ、1926年(大正15年)7月、砲兵大佐に昇進。

1928年(昭和3年)8月、陸軍技術本部フランス駐在官に就任し、横須賀銃砲兵連隊長を経て、1931年(昭和6年)8月、陸軍少将に進級し砲工学校砲兵科長に就任。1932年(昭和7年)4月、砲兵監部付となり、造兵廠大阪工廠長に転じ、さらに砲工学校長に就任。1935年(昭和10年)8月、陸軍中将に進んだ。1936年(昭和11年)8月、造兵廠長官に就任し、1938年(昭和13年)12月、予備役に編入された。その後、日本製鐵常務、日本特殊鋼管社長、全国軍人恩給連合会長を務めた。[1]

栄典編集

親族編集

著作編集

著書
  • 『九十四年の人生』、1979年。
訳書
  • エム・ドニイー著『工具ノ使用法』東京砲兵工廠、1914年。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 衆議院会議録情報 第013回国会 内閣委員会 第36号
  2. ^ 『官報』第1695号「叙任及辞令」1918年3月30日。

関連項目編集

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。