メインメニューを開く

永江 純一(ながえ じゅんいち、1853年3月18日(嘉永6年2月9日[1][2])- 1917年大正6年)12月9日[3])は、日本の実業家政治家衆議院議員

経歴編集

筑後国三池郡江浦村[4][5](現:福岡県みやま市)で、永江藤次郎の長男として生まれる[1]。中野南強から漢学を学び、西田幹治郎の私塾を経て、平戸に遊学[4]明治維新後、長崎で英学を東京で法律を学んだ[4]。弟の死去に伴い帰郷した[4]野田卯太郎らの同志と自由民権運動に尽力[4][5]。また、同志と筑後白日会を結成し国権主義を主張した[4]

1878年、永治村戸長に就任[4]。その後、江浦村戸長を兼務し、三池郡町村連合会議員、福岡県会議員を歴任[4]1892年2月の第2回衆議院議員総選挙の選挙運動中に政敵の迫害を受け、大牟田川畔で襲撃を受けて足を負傷し歩行が困難となった[4][5]。同年10月、県会議員を辞職[4]

1886年10月、同志と三池銀行を設立し頭取に就任[4]。その他、三池土木取締役、三池紡績取締役、九州肥料取締役、九州紡績取締役、鐘淵紡績取締役などを務めた[3][4]

1898年3月、第5回総選挙で福岡県第六区から出馬して当選[3]。その後、第6回第10回第11回第12回総選挙で当選し、衆議院議員を通算五期務めた[3]。この間、立憲政友会幹事長となる[3]

脚注編集

  1. ^ a b 『人事興信録』第4版、な77頁。
  2. ^ 『衆議院議員列伝』303-304頁。
  3. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』464頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 『三池郡誌』367-370頁。
  5. ^ a b c 『福岡県先賢人名辞典』48頁。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 三松荘一編『福岡県先賢人名辞典』葦書房、1986年(文照堂書店1933年刊の復刻)。
  • 福岡県三池郡教育会編『三池郡誌』三池郡教育会、1926年。
  • 山崎謙編『衆議院議員列伝』衆議院議員列伝発行所、1901年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第4版、1915年。