永田 亀作(ながた かめさく、1875年明治9年)9月6日[1][2] – 没年不詳)は、日本内務官僚神戸市助役

経歴編集

静岡県榛原郡菅山村(現在の牧之原市)出身[1]第一高等学校を経て[3]1902年(明治35年)、東京帝国大学法科大学政治学科を卒業し、大学院に進んだ[2]。翌年11月[3]文官高等試験行政科試験に合格[2]千葉県立千葉中学校教諭、青森県視学官、同事務官、同警察部長福岡県事務官、沖縄県事務官、同内務部長、岩手県内務部長を歴任し、1919年大正8年)に休職となった[1][2]

その後、1921年(大正10年)から神戸市助役を務めた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d 神戸市長物語 1926, p. 167.
  2. ^ a b c d 人事興信録 1918, p. な103.
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、184頁。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 伊藤貞五郎『市政研究 神戸市長物語』神戸市政研究社、1926年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、東京大学出版会、2007年。