メインメニューを開く

江崎 孝坪(えざき こうへい、1904年6月15日 - 1963年6月27日)は、長野県上伊那郡高遠町(現・伊那市)出身の日本画家。本名は江崎 孝平。歴史人物画を得意とした。

江崎 孝坪
生誕 1904年6月15日
長野県上伊那郡高遠町
死没 (1963-06-27) 1963年6月27日(59歳没)
東京都目黒区
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 日本画
この人物に影響を
与えた芸術家
前田青邨

生涯編集

 
江崎が師事した前田青邨

1904年6月15日に長野県上伊那郡高遠町(現・伊那市)に生まれ[1]、画家を志して15歳の時に東京に出た[2]。呉服商で図案を描いて生計を立て、日本画家の蔦谷龍岬[1]大和絵を学んだ[3]。1927年(昭和2年)には第8回帝展で「晩秋」が初入選[1]

1933年(昭和8年)に龍岬が死去すると、今度は前田青邨に師事した[1]。1940年(昭和15年)に大礼記念京都美術館で開催された日本画大展覧会では、「雲と防人」が大毎・東日賞を受賞。1941年(昭和16年)の第4回新文展では「撃て」が特選に選ばれた。

 
『薬師』を寄贈した建福寺

1947年(昭和22年)の第3回日展では「像造」が特選[1]。戦後には大仏次郎著『乞食大将』、吉川英治著『太閤記』、井上靖著『風と雲と砦』『真田軍記』『風林火山』に挿絵を描いたり、黒澤明監督の映画『七人の侍』で衣装考証を担当したり、歌舞伎「新忠臣蔵」で舞台装置を製作するなど、芸術界で幅広く活躍した[1][3]。『七人の侍』では1957年の第29回アカデミー賞衣裳デザイン賞にノミネートされている[2][4]

1963年6月27日、目黒区の自宅で死去した[1]。死因は脳軟化症[1]。江崎家の菩提寺は高遠にある建福寺であり、1950年(昭和25年)に第6回日展に出品した『薬師』を寄贈している[3]

1992年4月から5月には長野県信濃美術館・東山魁夷館で「近代の歴史画展 江崎孝坪と武者絵の系譜」が開催された。2009年10月から11月には長野県伊那文化会館で「歴史画家 江崎孝坪の仕事展」が開催された。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 江崎孝坪 東文研アーカイブ
  2. ^ a b 江崎孝坪作品展 伊那谷ねっと
  3. ^ a b c 江崎孝坪 伊那市
  4. ^ 江崎孝坪 映画.com

外部リンク編集