江幡 広光(えばた ひろみつ、天保9年(1838年)? - 元治元年6月16日1864年7月19日))は、水戸藩士。通称は、貞七郎。別名定彦。

水戸藩士江幡矩美の長男。文久3年(1863年)、水戸藩主徳川慶篤の上洛に随行、水戸藩・一橋家警衛世話役として京に滞在し、禁門を守衛する。当時は公武合体派諸侯の中心人物が徳川慶喜であり、その仲介実行役で攘夷派を駆逐しようと図っていたのが一橋家家老並平岡円四郎と見られていた。元治元年6月16日、林忠五郎ら数名とともに、平岡を京都町奉行所与力長屋(千本組屋敷)外で斬殺した。平岡は即死だったが、一橋家使役家人川村恵十郎により、林忠五郎とともに殺された。広光は、重傷を負ったのち自害したといわれる。墓所は京都市東山区霊山墓地