メインメニューを開く

池田 七三郎(いけだ しちさぶろう、嘉永2年11月13日1849年12月27日) - 昭和13年(1938年1月16日)は、新選組隊士。本名稗田 利八(ひえだ りはち)。

上総国山辺郡田間村(現・千葉県東金市)の商人の三男として生まれる。元治元年(1865年)に武士になりたいとの願いから江戸に出て、天野精一郎の道場で剣術を学び、旗本の家臣となる。

慶応2年(1867年)に新選組に入隊し、明治元年(1868年)の鳥羽・伏見の戦い甲陽鎮撫隊に参加、重傷を負うが農民に助けられ生きのびる。その後会津へ出陣し、8月の母成峠の戦いで敗れると斎藤一らと会津に残留。10月に高崎藩兵士に降伏。東京護送後、1年の謹慎を経て放免となる。

昭和4年(1929年)、子母沢寛の取材を受け、回顧録「新選組聞書(稗田利八翁思出話)」を口述した。

昭和13年(1938年)1月16日、90歳で死去。新選組隊士最後の生き残りであった。墓は東京都港区麻布台の真浄寺。

関連項目編集