メインメニューを開く

池田 吉政(いけだ よしまさ、延宝6年9月9日1678年10月24日) - 元禄8年9月29日1695年11月5日))は、岡山藩の世嗣。2代藩主池田綱政の長男。官位は従四位下、備前守。幼名岩千代、初名は政孝(まさたか)。

貞享2年(1685年)に将軍徳川綱吉に拝謁してその偏諱を受けて吉政と改名し、元禄5年(1692年)に叙任する。しかし、家督を相続することなく元禄8年(1695年)に18歳で早世した。代わって、三弟の政順が嫡子となったが早世し、四弟の継政が嫡子となり家督を継いだ。