メインメニューを開く

池田 由勝(いけだ よしかつ)は、江戸時代前期の岡山藩家老天城池田家第4代当主。

 
池田 由勝
時代 江戸時代
生誕 延宝2年(1674年
死没 宝永元年8月16日1704年9月14日
改名 通称玄蕃
墓所 天城池田家墓所(岡山県倉敷市
幕府 江戸幕府
備前岡山藩
氏族 池田氏天城池田家
父母 父:池田由孝、母:光(斎藤九右衛門の娘)
兄弟 由勝由道、竹子(岡田元豊室)、本子(土肥忠平室)
養子:保教政純

生涯編集

延宝2年(1674年)、天城池田家第3代当主池田由孝の子として岡山で生まれる。母の斎藤光は斎藤道三の末裔である。

天和元年(1681年)11月1日、藩主池田綱政に御目見する。同2年(1682年)11月27日、玄蕃と名乗る。元禄9年(1696年)に父・由孝が死去したため、翌元禄10年(1697年家督を相続、知行高3万2千石。

宝永元年(1704年)8月16日に死去。享年30。墓所は天城池田家墓所(岡山県倉敷市)。

同年10月に、藩主綱政の四男峯千代(保教)が養子入りして家督相続するも、宝永6年(1709年)藩主世子の兄政順が死去したため実家に戻り世子となったため、宝永7年(1710年)に綱政の五男豊次郎(政純)が代わって家督相続した。

なお、赤穂事件で知られる赤穂藩家老大石良雄は父由孝の姉熊子の子で、大石が切腹前に幕府大目付に提出した親類書には、岡山藩城代池田七郎兵衛政陽(由孝の姉千子の子)、小仕置池田佐兵衛信起(由孝の姉夏子の子)らと共に、母方従弟池田玄蕃と記されている。また事件後、縁者であることから知行を2000石減じられた。

参考文献編集

  • 『池田老臣累記』
  • 『備前家老略伝』
 
池田由勝の墓