メインメニューを開く

池田 邦照(いけだ くにてる、万治元年(1658年) - 寛文10年1月28日1670年3月19日))は、江戸時代前期の大名播磨国播磨新宮藩の第4代(最後)の藩主。下間系池田家4代。

生涯編集

万治元年(1658年)、第3代藩主・池田薫彰の長男として生まれる。母は戸川正安の娘。幼名は又八郎。寛文3年(1663年)に父が早世したため、家督を継いだ。しかし生来病弱で、寛文10年(1670年)1月28日に13歳で死去した。子がなく、弟の重教の相続は許されず、新宮藩は無嗣改易となった。ただし、池田光政光仲の尽力で、重教は3,000石の寄合として存続を許された。