メインメニューを開く

池田 重教(いけだ しげたか、万治3年(1660年) - 元禄8年4月4日1695年5月16日))は、江戸時代前期の旗本通称・治左衛門。正室は池田恒元の娘・蕃子。

万治3年(1660年)、池田薫彰の次男として生まれる。母は戸川正安の娘。寛文10年(1670年)、兄・池田邦照が13歳で若死したため、新宮藩改易となったが、池田光政池田光仲の幕府への嘆願によって、同年、旧領のうちから3千石の相続を許され寄合に列する。元禄8年(1695年)、36歳で死去。実子の金次郎は早世しており、跡を養子の由道池田由孝の実子)が継いだ。