池知 晶代(いけぢ まさよ、1958年1月15日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。現姓・竹島[1]

池知 晶代
Masayo Ikeji
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1958-01-15) 1958年1月15日(64歳)
出身地 高知県南国市
ラテン文字 Masayo Ikeji
身長 178cm
体重 72kg
血液型 A型
選手情報
愛称 イケ
ポジション エース/センター
指高 225cm
利き手
ブロック 282cm
テンプレートを表示

来歴編集

高知県南国市出身。中学1年次に身長が168cmあり、バレー部の先生に勧められバレーボールを始める。土佐女子高校在学中は春高バレーインターハイの出場経験をもつ。1976年に日本リーグの富士フイルム(当時)に入部。

1979年、全日本入りを果たし、モスクワプレオリンピックに出場。翌年もモスクワオリンピック出場メンバーに選出されたが、西側諸国のボイコットにより本戦出場は幻となった。

1981年、第14回日本リーグにおいて主力選手としてチームを支え、ベスト6賞を獲得した。富士フイルムの遠藤祐亮監督は「全日本で豊富な国際試合を経験し、すべてにわたりレベルアップした」と評している。

現・高知工科大学女子バレー部監督。

2020年東京オリンピック聖火ランナーのひとりに選ばれた[2]

人物・エピソード編集

目標としている選手は、同じ富士フイルム男子チーム山田修司。同じセンタープレーヤーとして、また両チームが同じ体育館で練習しているため、練習でアドバイスを受けてもらっていると語っている[3]

球歴編集

  • 所属チーム履歴
土佐女子中学土佐女子高校富士フイルム(1976-1981年 )
  • 全日本代表 - 1979-1980年
  • 受賞歴
    • 1981年 - 第14回 日本リーグ ベスト6

脚注編集

参考文献編集

  • 月刊バレーボール1980年1月号臨時増刊 '80チームの顔 92ページ(日本文化出版刊)

外部リンク編集