メインメニューを開く

沖 克己(おき かつみ、1918年8月19日 - 1993年6月15日[1])は昭和初期から末期(1930年代後半~1980年代)のプロ野球選手プロ野球審判員香川県坂出市出身。

沖 克己
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県坂出市
生年月日 1918年8月19日
没年月日 (1993-06-15) 1993年6月15日(74歳没)
身長
体重
168 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1937年
初出場 1937年
最終出場 1937年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

香川県立坂出商業学校を卒業後社会人の朝鮮竜山鉄道局を経て1937年阪急軍に入団するがその年限りで退団[1]。それ以降は野球界との関わりを絶っていたが1955年パシフィック・リーグの東京審判部に入部しプロ野球審判として再出発[1]。以降1988年に引退するまで一筋の道を往く[1]。(1979年~1988年引退まで東京審判部専任指導員)審判としては大杉勝男カール・ボレスと殴り合いを演じたのに双方を退場にせず記者から「なぜ退場にしなかったんだ!?」と問われると「大杉のパンチが早すぎてわからなかった。」という珍言を残したことで知られる。

日本シリーズ出場経験もあり、1971年の日本シリーズ第3戦(王貞治山田久志から逆転サヨナラ3ランホームランを放った試合)では球審を務めていた。

審判袖番号は51977年初採用から1978年まで。1979年~2003年までは橘修がつけ2006年から山路哲生37から変更し継承。)1993年6月15日死去[1]享年74。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1937 阪急 14 15 14 1 2 0 0 0 2 0 0 -- 0 -- 1 -- 0 3 -- .143 .200 .143 .343
通算:1年 14 15 14 1 2 0 0 0 2 0 0 -- 0 -- 1 -- 0 3 -- .143 .200 .143 .343

背番号編集

  • 27 (1937年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、124ページ