メインメニューを開く

河尻 鎮行(かわじり しげゆき)は、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将旗本河尻秀隆の子。河尻秀長の弟。旗本河尻氏の祖。

 
河尻鎮行
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 不詳
別名 與兵衛(通称)
官位 肥前
幕府 江戸幕府
主君 織田信長森長可豊臣秀吉秀頼徳川家康
氏族 河尻氏
父母 父:河尻秀隆
兄弟 秀長鎮行末守殿浅野左近室のちに土肥親真室、芳春院の姪)
特記
事項
姓は「川尻」とも書かれる
テンプレートを表示

生涯編集

父・秀隆が甲斐横死後、兄の秀長と行動を共にする。

兄の秀長と共に小牧・長久手の戦い九州平定小田原征伐文禄・慶長の役など数々の戦いに参加。兄の秀長は独立して苗木城主となり1万石の大名となり仕える。 関ヶ原の戦いで秀長が戦死(行方不明)後、居城の苗木城遠山友政に攻略された。

河尻家(河尻氏)として一人戦後生き延びた。

後に江戸幕府に召し出され、河尻家正式な後継者跡取りとして認められ、旗本となる。

子孫は200俵の旗本として存続・繁栄する。

子孫編集

旗本河尻氏の祖であり、子孫が河尻氏3家に分かれ、その次男の系統が河尻春之である。

河尻家の菩提寺編集

岐阜県加茂郡坂祝町に河尻秀隆によって創建された長蔵寺猿啄城勝山城)城下町にある。寺紋は揚羽蝶であり、河尻秀隆のも保存されている。鎮行と旧家臣の墓がある。

参考文献編集

  • 『寛政重修諸家譜』

外部リンク編集