メインメニューを開く

河西 信美(かさい のぶみ、女性、1944年11月29日 - )は、日本政治家

東京都議会議員狛江市議会議員を務めた。

来歴編集

日本大学法学部卒業。市川房枝参議院議員公設秘書を経て、日本社会党公認で狛江市議会議員選挙に出馬し初当選する。

2001年東京都議会議員選挙に出馬し、当選(民主党公認)。

2004年、東京都議会議員を辞職。狛江市長選挙に自民公明・民主・生活者ネット4党、連合東京の支持を受け、立候補。政党からの支持に加え、石原慎太郎東京都知事小宮山洋子民主党衆議院議員公明党藤井富雄常任顧問、漫画家の石坂啓ら、保革対立を超えて幅広い支援を受けるも、3選を目指す現職の矢野裕日本共産党新社会党推薦、保坂展人らが支援)に136票の僅差で敗れ、落選した。なお選挙戦が始まる直前、国民年金への未加入・年金保険料の未納が発覚し、共同通信の分析の中で敗因の一つに挙げられている[1]

脚注編集