河野主一郎

河野 主一郎(こうの しゅいちろう、1847年1月11日(弘化3年11月25日) - 1922年大正11年)2月12日[1][2])は、幕末薩摩藩士明治から大正期の陸軍軍人政治家神職。官選青森県知事霧島神宮宮司

経歴編集

薩摩藩士の家に生まれ、戊辰戦争に従軍。明治維新後、近衛陸軍大尉となる。1874年、下野した西郷隆盛に従い帰郷。私学校の創設に参画した。1877年西南戦争に五番大隊一番小隊長として従軍。同年8月、可愛岳突囲を提案し、辺見十郎太とともに先鋒を務めた。城山での籠城中、西郷の助命嘆願のため政府軍に赴き捕虜となる[3]

西南戦争後に懲役10年の刑で服役するが、1881年に特赦で出獄[3][4]。帰郷して互助・授産・教育を目的として三州社を設立[5]。その後、自由民権運動に加わるが、政府からの圧迫や全国各地の政党の衰退を受け、1884年末に政府の誘いを受けて官途についた[6]

1895年日清戦争末に比志島混成支隊に加わり、運送船「小倉丸」に乗船し澎湖諸島に渡る。田中綱常澎湖列島行政庁長官を補佐した[7]。その後、台北県宜蘭支庁長に就任し、1896年9月7日まで在任[8]

1897年11月13日、青森県知事に就任[7]1899年1月21日、知事を非職となる[9]

1918年12月18日、霧島神宮宮司に就任し[10]、在任中に死去した[11]

脚注編集

  1. ^ 『日本人名大辞典』739頁。
  2. ^ 『官報』第2869号(大正11年2月27日)では、大正11年2月13日死去。
  3. ^ a b 『桐野利秋のすべて』187頁。
  4. ^ 小川原「鹿児島三州社の一考察」120頁。
  5. ^ 小川原「鹿児島三州社の一考察」120-121頁。
  6. ^ 小川原「鹿児島三州社の一考察」123-126頁。
  7. ^ a b 『新編日本の歴代知事』97頁。
  8. ^ 『官報』第3960号、明治29年9月8日。
  9. ^ 『官報』第4666号、明治32年1月23日。
  10. ^ 『官報』第1914号、大正7年12月19日。
  11. ^ 『官報』第2869号、大正11年2月27日。

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 新人物往来社編『桐野利秋のすべて』新人物往来社、1996年。
  • 小川原正道「鹿児島三州社の一考察 ―『第二の私学校』の実態について―」『武蔵野短期大学研究紀要』第18輯、2004年。