油圧ショベル (陸上自衛隊)

油圧ショベル(陸上自衛隊)(ゆあつショベル・りくじょうじえいたい)は陸上自衛隊の保有する装備品である。

油圧ショベル

概要編集

本車は陸上自衛隊の保有する装備品で、民生品の油圧ショベルをOD色に塗ったものである。市場ではパワーショベルやユンボなどとも呼ばれる。陸自には似たような装備品に掩体掘削機があるが、掩体掘削機はアームを回転させることができるのに対し、油圧ショベルではその機構は装備されていない。

国内各建機メーカーより偏りなく調達されており、民生品のモデルチェンジなどにより陸自に納入されるものは細部が異なる。

運用編集

施設科の装備品であり、掩体の掘削作業の他、アーム先端のバケットをグラップルに変更することで木材コンクリート片をつかむことも可能である。そのため災害派遣ではガレキの撤去などに威力を発揮する。陸自の調達する仕様では車体と足回りの間に左右のローリングが可能な油圧ヒンジが装着されているため、地形に合わせて車体の上部を水平に保つことが出来るようになっている。

 
中型セミトレーラへの積載
 
LCACでの輸送

民生品の建設機械同様、公道走行は出来ないので中型セミトレーラ以上の輸送車両にて搬送される。

調達メーカー編集

参考文献編集

  • 陸上自衛隊の車両と装備2016-2017. アルゴノート. ISBN 978-4-914974-12-1 

関連項目編集