メインメニューを開く
油圧モーター、見えない側に回転軸がある

油圧モーター(ゆあつモーター)とは、油圧ポンプを動かして得た圧油を一次側から供給し、二次側から排出することで、回転運動をとりだす圧力モーターの一種である。

一次側と二次側を入れ替えることで逆回転することも可能である。供給する油の圧力を制御することで、トルクの制御が可能であり、また供給する油の流量を制御することで、出力(軸の回転速度)を制御することができる。

目次

特徴編集

  • 長所:小型軽量の割りに大きなトルクと出力を発揮する(トルク慣性比が大きい)ため、応答性がよい。過負荷で停止した場合でもリリーフ弁の働きにより、損傷が起こりにくい。
  • 短所:動力伝達効率が低い。騒音が大きい。起動時や低速時に円滑な運転ができない。作動油の油温変化で性能が異なる場合がある。圧力回路ゴム製のホースシールが含まれる場合には、それらのメンテナンスが必要。

種類編集

用途編集

関連項目編集

参考リンク編集