株式会社不二越(ふじこし、: NACHI-FUJIKOSHI CORP.)は、東京都港区に本社を置く切削工具ベアリング産業用ロボット(おもに自動車製造用ロボット)の製造を中心とする日本の企業である。

株式会社不二越
NACHI-FUJIKOSHI CORP.
不二越ロゴ
本社が入居する汐留住友ビル
本社が入居する汐留住友ビル
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社[1]
市場情報
東証プライム 6474
1949年5月16日上場
本社所在地 日本の旗 日本
105-0021
東京都港区東新橋一丁目9番2号 汐留住友ビル17階
北緯35度39分44秒 東経139度45分36.5秒 / 北緯35.66222度 東経139.760139度 / 35.66222; 139.760139座標: 北緯35度39分44秒 東経139度45分36.5秒 / 北緯35.66222度 東経139.760139度 / 35.66222; 139.760139
設立 1928年昭和3年)12月21日
(不二越鋼材工業株式会社)
業種 機械
法人番号 4230001002687 ウィキデータを編集
事業内容 マシニング事業
ロボット事業
機能部品事業
マテリアル事業
代表者 本間博夫(代表取締役会長)
坂本淳(代表取締役社長)
資本金 160億7,400万円
(2021年11月期)
発行済株式総数 2,491万9,343株
売上高 連結:2,291億1,700万円
単独:1,705億3,800万円
(2021年11月期)
営業利益 連結:147億1,800万円
単独:68億1,800万円
(2021年11月期)
経常利益 連結:144億5,700万円
単独:63億7,200万円
(2021年11月期)
純利益 連結:99億9,300万円
単独:46億800万円
(2021年11月期)
純資産 連結:1,247億9,700万円
単独:752億9,200万円
(2021年11月期)
総資産 連結:3,193億1,200万円
単独:2,436億2,000万円
(2021年11月期)
従業員数 連結:7,205人
単独:3,266人
(2022年2月現在)
決算期 11月30日
主要株主 那智わねい持株会 9.49%
ナチ不二越従業員持株会 5.94%
三菱UFJ銀行 4.79%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口)4.46%
日本カストディ銀行(信託口)4.38%
北陸銀行 3.49%
(2020年11月30日現在)
関係する人物 井村荒喜(創業者)
外部リンク https://www.nachi-fujikoshi.co.jp/
テンプレートを表示

旧本社は富山県富山市に置いていたが、2018年平成30年)2月、本社機能を東京に全面移転した[2]東京証券取引所プライム市場上場企業で、2004年までは日経平均株価の構成銘柄であった。商標はNACHI(那智)[3]。かつて那智号のブランドで自転車を製造していた。

社名の由来編集

創業者の井村荒喜が、「機械工具分野の自立が、わが国の産業を発展させる基礎である」という強い使命感にあふれ、この抱負を、創業の精神として社名を「不二越」とした。不二は、仏典で「善悪不二、邪正一如」あるいは「迷悟不二」というように、現象としては違うもの、反対に見えるものも、より高い次元に立ってその本質を深く見極めれば、もともと一つのものであることを意味する。すなわち、正に対する反、そして合への昇華を期するもの。越は、北陸の古い呼称「高志」を意味する。

NACHIブランドは、日本のルーツである熊野那智大社に由来し、高い事業意欲を表している。1929年(昭和4年)、昭和天皇が国産奨励の産業視察のため関西に巡幸した折、大阪市庁で、優秀国産品として、不二越のハクソー(金切刃)を見学した。初代社長・井村荒喜は、この破格の栄誉にいたく感激し、そのときの天皇のお召艦である最新鋭の重巡洋艦「那智」の艦形をバックにして、NACHIマークをつくり、商標とした[4]

沿革編集

  • 1928年昭和3年)12月 - 不二越鋼材工業株式会社設立。
  • 1929年(昭和4年) - 昭和天皇が近畿地方を訪れた折り、天皇が不二越の製品である金切鋸刃を見学した。不二越は、このとき天皇が座乗した重巡洋艦「那智」の名をとり商標とした。
  • 1941年(昭和16年) - 海軍用の高角砲機銃の部品生産を開始。
  • 1944年(昭和19年) - 軍需会社法による軍需会社に指定。
  • 1946年(昭和21年) - 自転車や民生品などの製造開始。
  • 1949年(昭和24年) - 東京証券取引所1部上場。
  • 1950年(昭和25年) - 自転車製造中止。
  • 1963年(昭和38年) - 株式会社不二越に商号を変更。
  • 1999年平成11年) - 住友電工ハードメタル(当時は住友電気工業の粉合・ダイヤ事業部)と業務提携。
  • 2013年(平成25年) - 中国で産業用ロボットの生産を開始[5]
  • 2017年(平成29年)8月20日 - 本社を富山・東京の2本社制から東京に一本化[6][7][8]
  • 2018年(平成30年)2月 - 本店を東京に移転。本社機能を一本化[2][7][8]

本社・生産拠点編集

 
富山事業所
 
滑川事業所
  • 本社 - 東京都港区
  • 富山事業所(旧・富山本社) - 富山県富山市
  • 東富山事業所 - 富山県富山市
  • 滑川事業所 - 富山県滑川市
  • 水橋事業所 - 富山県富山市
  • 流杉事業所 - 富山県富山市

騒動編集

ベアリングカルテル編集

2012年12月28日、ベアリングの販売を巡る大手メーカー4社の価格カルテル事件で、東京地方裁判所から独占禁止法違反(不当な取引制限)の罪で不二越の元取締役に懲役1年2月(執行猶予3年)、元軸受企画部副部長に懲役1年(執行猶予3年)、法人としての不二越に罰金1億8千万円の有罪判決が言い渡された[9]。2013年3月29日、公正取引委員会から独占禁止法違反で排除措置命令と約5億900万円の課徴金納付命令を受けた[10]

富山生まれは極力採用しない編集

同社の会長の本間博夫が、同社が2017年7月5日に開いた同年5月中間決算の会見に於いて、「富山県生まれの人は極力採用しない」との趣旨の発言をしていたことが明らかになった。富山労働局は「公正な採用選考の観点から不適切」との見解を示しており[11]、本間は同年7月25日付で、謝罪のコメントを同社ウェブサイトに掲載した[12]

訴訟案件編集

2016年11月 朝鮮出身の女子勤労挺身隊として働かされたとして、韓国人女性ら5名から訴えを起こされた裁判の結審があり、韓国のソウル中央地裁は同社に15億ウォンの支払いを命じた。

同社は即時控訴を行っていたが、2018年に韓国の大法院(最高裁)が10月、新日鉄住金に対し、日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者に賠償を命じる判決を下したことを受け、2019年1月末に判決が下る予定。

脚注編集

  1. ^ 役員紹介 - 株式会社不二越 2021年6月16日
  2. ^ a b “組織改正と人事異動について(2018年2月21日付)” (プレスリリース), 不二越, (2018年2月21日), http://www.nachi-fujikoshi.co.jp/news/pre/180221.html 2018年5月13日閲覧。 
  3. ^ 熊野夫須美大神を祭った熊野那智大社から由来する。
  4. ^ 株式会社不二越
  5. ^ 不二越、中国で産業用ロボットを生産”. 日本経済新聞 (2013年1月15日). 2017年4月14日閲覧。
  6. ^ “組織改正と取締役の担当職務の変更および人事異動について(2017年8月20日付)” (プレスリリース), 不二越, (2017年8月18日), http://www.nachi-fujikoshi.co.jp/news/pre/170818.html 2017年11月26日閲覧。 
  7. ^ a b “不二越 東京に本社一本化…本店も移転”. 読売新聞. (2017年7月6日). http://www.yomiuri.co.jp/local/toyama/news/20170706-OYTNT50044.html 2017年7月8日閲覧。 
  8. ^ a b 北日本新聞 2017年7月6日付朝刊1面。
  9. ^ “不二越元取締役らに有罪判決 ベアリングのカルテルで”. 日本経済新聞. (2012年12月28日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG28018_Y2A221C1CC0000/ 2023年1月7日閲覧。 
  10. ^ “3社に課徴金133億円 ベアリングカルテルで公取委が命令”. 日本経済新聞. (2013年3月29日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG29044_Z20C13A3CC1000/ 2023年1月7日閲覧。 
  11. ^ 不二越 「富山の人は極力採用せず」 地元機械メーカー会長 毎日新聞 2017年7月15日
  12. ^ 不二越会長 「富山採らぬ」謝罪 HPで 毎日新聞 2017年7月26日

関連項目編集

外部リンク編集