泉が森の湧水

泉が森(いずみがもり、泉ケ森[1])は茨城県日立市にある清い泉と泉神社の神域をふくむ総称[1]1969年(昭和44年)12月に茨城県指定史跡に指定。泉の湧水2008年(平成20年)6月に環境省が選定した平成の名水百選に選ばれている。

概要編集

泉ヶ森は、江戸時代には、常北十景のひとつに加えられており、現在も茨城百景として名勝地にもなっている。泉の水はきれいなので、イトヨハリヨが生息している。近くにイトヨの里泉が森公園がある。

歴史編集

常陸国風土記には「密筑(みつき)の大井」(久慈郡の条)として人びとの憩いの場であったことが記されており、また、歌の場所としても有名[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 茨城新聞社 編(1981):46ページ

参考文献編集

  • 茨城新聞社 編『茨城県大百科事典』茨城新聞社、1981年10月8日、1099p.

関連項目編集

外部リンク編集