泥利可汗(Niri qaγan、呉音:ないりかがん、漢音:でいりかがん、拼音:Nílì kĕhàn、生没年不詳)は、西突厥可汗。鞅素特勤の子で、木汗可汗の孫[1]。泥利可汗(ニリ・カガン)というのは称号で、姓は阿史那氏で、名は不明。

生涯編集

587年阿波可汗葉護可汗に捕えられたので、西突厥の国人は鞅素特勤の子を立てて、これを泥利可汗とした。

大義公主は泥利可汗と連結した。

601年、泥利可汗と葉護は鉄勒に敗北した。歩迦可汗はまた隋に対し反乱を起こしたが、敗北して吐谷渾に奔走した。

泥利可汗はまた敗北し、戦死すると、子の達漫が立ち、泥撅処羅可汗と号した。

家族編集

    • 鞅素特勤…木汗可汗の子
    • 向氏…中国出身
    • 婆実特勤…向氏を娶る

脚注編集

  1. ^ 昭蘇県石人碑文』「26年後にムカン・カガン(木汗可汗)の孫、神なるニリ・カガン(泥利可汗)…」より[1]

参考資料編集