メインメニューを開く

洞爺中継局(とうやちゅうけいきょく)は、北海道虻田郡洞爺湖町に置かれているテレビ放送の中継局。ここでは同町内にある北洞爺テレビ中継局についても記述する。

目次

洞爺テレビ中継局

デジタルテレビ放送

 
洞爺中継局
リモコン
番号
[1][2][3]
放送局名 チャンネル
番号
[1][2][3]
空中線
電力
[1][2][3]
ERP 偏波面[1] 放送対象地域 放送区域
世帯数[1][2][3]
運用開始日[1]
1 HBC
北海道放送
47 1W 5.9W 水平偏波 北海道 約1,100世帯 2008年
12月24日
2 NHK
室蘭教育
43 6W 全国 2008年
7月1日
3 NHK
室蘭総合
41 北海道
5 STV
札幌テレビ放送
49 5.9W 2008年
12月24日
6 HTB
北海道テレビ放送
35
7 TVh
テレビ北海道
17
8 UHB
北海道文化放送
27

アナログテレビ放送

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
28 TVh
テレビ北海道
映像10W/
音声2.5W
映像170W/
音声42W
水平偏波 北海道 - -
31 UHB
北海道文化放送
1973年
8月15日[5]
33 HTB
北海道テレビ放送
映像210W/
音声53W
45 NHK
室蘭教育
映像74W/
音声18.5W
全国 1966年
10月1日[6]
48 NHK
室蘭総合
北海道
51 STV
札幌テレビ放送
映像58W/
音声14.5W
1966年
10月8日[7]
54 HBC
北海道放送
1966年
10月1日[8]
  • 所在地: デジタルテレビ放送に同じ
  • 洞爺湖町洞爺湖温泉地区などこの中継局の放送区域は、もともと測量山にある室蘭送信所からの電波を反射板(場所は洞爺湖中島)で反射し、その電波をそのまま各家庭のアンテナで受信する形式を取っていたが、受信状況が悪くなったため、1966年に中継局が設けられることとなった[9]
  • HTB、UHB、TVhの最大実効輻射電力(ERP)はNHK総合・教育、HBC、STVと比べて高くなっている。そのため、位置がさほど離れていない北洞爺中継局には、これらの放送局の中継局が置かれていない。
  • 2011年7月24日をもってすべて廃止された。

北洞爺テレビ中継局

デジタルテレビ放送

 
北洞爺中継局
リモコン
番号
放送局名 チャンネル
番号
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1 HBC
北海道放送
34 50mW 390mW 水平偏波 北海道 約500世帯 2010年
12月10日
2 NHK
室蘭教育
44 380mW 全国
3 NHK
室蘭総合
46 北海道
5 STV
札幌テレビ放送
32 390mW
6 HTB
北海道テレビ放送
50 380mW
7 TVh
テレビ北海道
42
8 UHB
北海道文化放送
52 370mW

アナログテレビ放送

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
55 NHK
室蘭教育
映像1W/
音声250mW
映像15W/
音声3.8W
水平偏波 全国 - -
57 NHK
室蘭総合
北海道
59 HBC
北海道放送
映像14.5W/
音声3.7W
61 STV
札幌テレビ放送
  • 2011年7月24日をもってすべて廃止された。なお、UHB・HTB・TVhにはチャンネルが割り当てられていなかった。

脚注・出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 北海道内の地上デジタル放送局の開局状況(総務省北海道総合通信局)
  2. ^ a b c d e f g 地上デジタルテレビジョン放送局の免許-NHK洞爺デジタル中継局に免許(報道資料2008年7月1日)(総務省北海道総合通信局)
  3. ^ a b c d e f g 地上デジタルテレビジョン放送局の免許-ニセコほか5局所のデジタル中継局に免許(報道資料2008年12月24日)(総務省北海道総合通信局)
  4. ^ a b 洞爺デジタルテレビジョン中継局の放送エリア図(報道資料2008年12月24日) (PDF) (総務省北海道総合通信局)
  5. ^ 日本民間放送連盟(編) 『日本放送年鑑'74』 千秋社、1974年、26頁。 
  6. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'67』 日本放送出版協会、1967年、209頁。 
  7. ^ 札幌テレビ放送創立50周年記念事業推進室 編 『札幌テレビ放送50年の歩み』 札幌テレビ放送、2008年、329頁。 
  8. ^ 北海道放送 編 『北海道放送三十年』 北海道放送、1982年、743頁。 
  9. ^ 『NHK札幌放送局50年史』ほか
  10. ^ 道内デジタル中継局最新開局情報(総務省北海道総合通信局)
  11. ^ 新たな難視聴地区に対する対策計画(洞爺湖町)