メインメニューを開く

津守 國榮(国栄、つもり くになが[1]1882年明治15年)8月9日 - 1940年昭和15年)4月5日[1])は、明治から大正期の男爵神官。第75代住吉神社宮司。旧名・秀長[1]

経歴編集

伯爵清閑寺盛房の五男として生まれる[1]。伯爵清閑寺経房の弟。

住吉神社神職の男爵津守国美の養子となる。養父の死去に伴い、1901年6月12日に家督を相続し[1]、翌日、男爵を襲爵[2]1903年2月3日[3]、第75代住吉神社宮司となる。1926年9月16日に隠居した[1]

親族編集

妻の静子は侯爵久我通久の五女[1]。娘の三輪は膳所藩筆頭家老戸田資慶に嫁した。侯爵久我常通の二男通秀を養子とする[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』下巻、118頁。
  2. ^ 『官報』第5383号、明治34年6月14日。
  3. ^ 『官報』第5874号、明治36年2月4日。

参考文献編集


日本の爵位
先代:
津守国美
男爵
津守家第2代
1901年 - 1926年
次代:
津守通秀