津守氏(つもりうじ)は、「津守」をの名とする氏族

津守氏
氏姓 津守のち宿禰
氏祖 豊吾田連屋主足尼
種別 神別地祇または天孫
本貫 摂津国住吉郡
著名な人物 津守己麻奴跪
津守大海
津守吉祥
津守国夏
津守国基
津守国美
津守国栄
後裔 笠嶋氏社家
凡例 / Category:氏

住吉大社大阪府大阪市住吉区)の歴代宮司の一族で、古代以来の系譜を持つ氏族である。

出自編集

津守氏は、綿積豊玉彦命または天火明命の流れをくむ一族であり、摂津国住吉郡豪族田蓑宿禰の子孫である。田蓑宿禰が「七道の浜」(大阪府堺市七道)(当時は住吉郡)において200年新羅征伐から帰還した神功皇后を迎えた時、神功皇后住吉三神の神功があったことから、田蓑宿禰に住吉三神をまつるように言い、田蓑宿禰の子の豊吾田連(とよあたのむらじ)と屋主足尼(やぬしのすくね)に津守連を与えたのが始まり。豊吾田連の8世孫である津守広麿(津守吉祥の子)が天武天皇十三年に津守宿禰に改姓された[1][2]。津守とは「津(港)」を「守る」という意味で、港の管理を職掌とした。

遣唐使神主編集

南朝御座所編集

脚注編集

  1. ^ 宝賀寿男「第3章 地祇系氏族 第2節 海神族(2)尾張氏族 10尾張連(一)、尾張宿祢(一)」『古代氏族系譜集成』中巻、古代氏族研究会、1986年、1294頁。
  2. ^ 宝賀寿男「第3章 地祇系氏族 第2節 海神族(2)尾張氏族 10津守連(一)、津守宿祢」『古代氏族系譜集成』中巻、古代氏族研究会、1986年、1330頁。

関連項目編集