メインメニューを開く

津山中継局(つやまちゅうけいきょく)は岡山県津山市黒沢山にあるテレビジョン放送FMラジオ放送の大規模中継局である。出力、受信世帯数とも岡山県内では親局金甲山送信所に次いで第2位で[1]、中継局としては岡山県内最大規模の基幹局である。

津山中継局
局名 津山中継局
送信波 地上デジタルテレビジョン放送
地上アナログテレビジョン放送
FMラジオ放送
偏波面 水平偏波
空中線形式
凡例
ST2段(<NHK-AG・NHK-FM>、NHK-AE、RSK-A)
3素子2段4方向(FM岡山)
6L3段3面(OHK-A、<RNC-A・KSB-A・TSC-A>、<NHK-DG・NHK-DE・RSK-D・OHK-D・TSC-D・RNC-D・KSB-D>)
送信放送局 NHK岡山放送局(テレビ・FM)
RSK山陽放送(テレビ)
OHK岡山放送
RNC西日本放送(テレビ)
KSB瀬戸内海放送
TSCテレビせとうち
岡山エフエム放送
空中線電力 アナログUHF:500W
FM:100W
アナログVHF:75W
デジタル:50W
受信元 金甲山送信所
指向性 アナログVHF局とNHK-FMは無指向性
それ以外は津山市中心部方向へ指向性あり
放送区域 岡山県津山市美作市鏡野町勝央町奈義町及び美咲町の各一部
受信世帯 約45,000世帯
開局 1960年9月1日
設置場所 岡山県津山市上横野字塩谷六郎3501
テンプレートを表示

目次

放送区域編集

地上デジタル放送におけるこの中継局の電波法に定める放送区域(1mV/m)は岡山県津山市美作市鏡野町勝央町奈義町及び美咲町の各一部、約4万5千世帯である[2]

津山市中心部のほか津山盆地のほぼ全域で受信が可能である。盆地北限に位置する当局に対してアナログ放送では盆地南限の神南備山に津山南中継局があり、こちらにも全局が置局しているのでアナログ放送ではこちらを受信している世帯もある。その他に季節混信対策として鳥山に設置されている津山東中継局もあるが、こちらはNHK総合テレビのみが置局している。いずれもデシタル放送では津山中継局からの受信に一本化されるため、それら中継局はアナログ放送終了と同時に廃局になる。

歴史編集

地上デジタル放送編集

津山中継局のデジタル化は岡山・香川で地上デジタル放送が開始してから約1年後のことである。金甲山親局に次ぐ岡山県第2の基幹送信所のため、県内の中継局の先陣を切ってのデジタル化であったが、開局時期はより小規模な備前中継局に次いで第3局目となった。

2007年11月8日中国総合通信局より津山中継局放送事業者全局に予備免許が交付され[3]、同月26日から試験放送を開始[3]、翌12月17日に本放送を開始した[4]

デジタル放送では津山中継局全局がUHFローチャンネル帯を使用しているが、それまでのアナログ放送のうちUHF帯においてはハイチャンネル帯が使用されていたため、各世帯の受信アンテナでそれまでのアナログ用UHFアンテナを流用するにはそれがオールバンド用(もしくはローバンド用)である必要がある。ハイチャンネル用のアンテナでは電界強度によっては利得が不足し十分な受信レベルが得られない可能性があるため、その場合にはローチャンネル用もしくはオールチャンネル用のUHFアンテナを新設しなければならない。

施設編集

中継局は全局が津山市中部、津山盆地の北限にある標高668メートルの黒沢山東尾根に設置されている。

アナログ放送ではNHK岡山放送局RSK山陽放送OHK岡山放送の先発3社は局舎・鉄塔・アンテナともすべて単独で使用しているが、RNC西日本放送KSB瀬戸内海放送TSCテレビせとうちの後発3社は局舎・鉄塔・アンテナとも共同で使用している。NHK-FMはNHKアナログテレビと、岡山FMはRSK山陽放送のアナログテレビとそれぞれ共用していて、NHK-FMは局舎・鉄塔・アンテナのすべてを共用しているがFM岡山はアンテナのみを単独で使用している。

またデジタル放送では既存NHK局舎の隣に新たな局舎・鉄塔・アンテナを建て、全局が共同で使用している。

地上デジタルテレビジョン放送送信設備編集

リモコンキーID 放送局名 物理チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
1 NHK岡山総合 22ch 50W 510W 岡山県 約4万5千世帯
2 NHK岡山教育 13ch 全国
4 RNC西日本放送 15ch 岡山県・香川県
5 KSB瀬戸内海放送 17ch
6 RSK山陽放送 19ch
7 TSCテレビせとうち 14ch 520W
8 OHK岡山放送 16ch 550W
※全局に指向性あり
※全局局名は津山局
※中継局であるためコールサインは存在せず

地上アナログテレビジョン放送送信設備編集

チャンネル 放送局名 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
2- NHK岡山総合 映像75W/音声18.5W 映像145W/音声36W 岡山県 -
7- RSK山陽放送 映像140W/音声35W 岡山県・香川県
12+ NHK岡山教育 映像130W/音声32W 全国
56- TSCテレビせとうち 映像500W/音声125W 映像4.7kW/音声1.15kW 岡山県・香川県 -
58- RNC西日本放送
60 OHK岡山放送 映像6.6kW/音声1.65kW
62- KSB瀬戸内海放送 映像4.7kW/音声1.15kW
※2ch、7ch、12chは無指向性、その他は全局に指向性あり
※全局局名は津山局
※中継局であるためコールサインは存在せず
※12chはオフセット+10kHz局※12ch、60ch以外は全局オフセット-10kHz局

※NHK総合の2ch、NHK教育の12chはともに近畿2府4県(親局は生駒山テレビ・FM送信所)や沖縄本島と同じ周波数。岡山・香川地区では高梁中継局も同じ周波数。

FMラジオ放送送信設備編集

周波数(MHz) 放送局 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
80.4 FM岡山 100W 160W 岡山県 約4万1千世帯
85.5 NHK岡山FM
※全局局名は津山局
※FM岡山は指向性あり、NHKは無指向性

脚注編集

  1. ^ ただしNHK広島放送局60年史によると、NHKアナログテレビ放送の放送区域内世帯数は水島(49,963)、笠岡(44,818)に次いで第4位(36,007)となっている
  2. ^ 中国総合通信局・津山中継局エリア図(申請による)
  3. ^ a b 中国総合通信局・岡山県「津山」中継局に予備免許
  4. ^ 総務省・地上デジタルテレビ放送中継局ロードマップ

関連項目編集

外部リンク編集