メインメニューを開く

美咲町(みさきちょう)は、岡山県の中央部に位置する

みさきちょう
美咲町
Ohaga-nishi -06.jpg
大垪和西の棚田
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
久米郡
市町村コード 33666-1
法人番号 1000020336661
面積 232.17km2
総人口 13,411[編集]
推計人口、2019年6月1日)
人口密度 57.8人/km2
隣接自治体 岡山市津山市赤磐市
美作市真庭市
久米郡久米南町勝田郡勝央町
加賀郡吉備中央町和気郡和気町
町の木
町の花 さつき
美咲町役場
町長 青野高陽
所在地 709-3717
岡山県久米郡美咲町原田1735番地
北緯34度59分52.5秒東経133度57分29.4秒
役場庁舎位置

美咲町役場
外部リンク 美咲町公式ホームページ

美咲町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

概要編集

美咲町は岡山県中央部に位置する、2005年(平成17年)3月22日に久米郡中央町旭町柵原町の3町が合併して誕生した町である。人口は約1万5000人であり、65歳以上の高齢者が多く住む。町内の大半を山林が占め、豊かな自然を有する。町内の中心を旭川が、東部を吉井川の2つの一級河川が貫く。また、中心をJR津山線国道53号が通り、県庁所在地の岡山市や岡山県北部の中心都市津山市との間を結んでいる。

町の中心は旧中央町のJR亀甲駅周辺であり、町役場や商店、公共施設が立地している。主な産業はコメナシブドウなどの果樹、葉タバコの栽培、養鶏である。町内には日本棚田百選に選定された棚田2か所と西日本最大級の養鶏場があること、さらに、町出身の岸田吟香が愛好し全国に広めたという説があることから、卵かけごはんにより町おこしを図っている。 観光スポットとしては、駅舎がカメの形をしたJR亀甲駅、桜やつつじの名所として有名な三休公園、自然体験公園・まきばの館、鉄道の廃線を活用し展示運転が行われている柵原ふれあい鉱山公園といった諸施設がある。

地理編集

地勢編集

吉備高原に位置し町域の大半は丘陵地帯と山林である。町内には県内三大河川のうち、旭川吉井川の2つの川が流れる。

隣接する自治体編集

人口編集

 
美咲町と全国の年齢別人口分布(2005年) 美咲町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 美咲町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
 

美咲町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


姉妹都市・提携都市編集

歴史編集

沿革編集

合併の経緯編集

国が主導する平成の大合併により、岡山県北地域でも、津山市を中心とする合併協議会と、久米郡を構成していた5町(久米町久米南町中央町旭町柵原町)での合併協議会が設立された。しかし、双方の合併協議会に参加していた久米町が住民投票の結果、津山市との合併を選択したため離脱し、残りの久米郡4町で合併協議会が継続された[1]。4町のうち久米南町は南隣の御津郡建部町(現・岡山市北区建部町)との合併を並行して検討し、のちに単独町制の継続を選択して合併協議会から離脱した。結果残った中央町・旭町・柵原町の3町が対等合併し、美咲町が発足した[2][3][4]

町名の由来編集

合併対象にある町の住民を対象に一般公募され、その中から選考委員会で決定された。町の総務一課によれば、合併後の町の形が花びらのように見えることから、「しくく」という意味を込めて美咲町と命名したという。

応募された原案では美作の「美」から美咲町というものもあった。

行政編集

町長編集

氏名 就任日 退任日 備考
初代 奥村忠夫 2005年4月24日 2009年4月23日 旧・中央町長
2代 定本一友 2009年4月24日 2018年11月13日 辞職[5]

町議会編集

町役場組織編集

 
旭総合支所

本庁

  • 町長部局
    • 総務課
    • 企画財政課
    • 情報交通課
    • 税務課
    • 住民課
    • 健康増進課
    • 保健福祉課
    • 上下水道環境課
    • 産業観光課
    • 建設課
    • 会計課
  • 議会部局
    • 議会事務局
  • 教育委員会
    • 教育総務課
    • 生涯学習課
  • 各種委員会
    • 選挙管理委員会(総務課所管)
    • 監査委員(議会事務局所管)
    • 農業委員会(産業観光課所管)
    • 固定資産評価審査委員会

旭総合支所

  • 町長部局
    • 住民福祉課
    • 産業建設課

柵原総合支所

  • 町長部局
    • 住民福祉課
    • 産業建設課
    • 上下水道課

町役場・支所の管轄区域編集

名称 所在地 管轄地域 備考
美咲町役場 本庁舎 美咲町原田1735番地 町内全域(旧柵原・旭町域を含む) 町内を統括
旭総合支所 美咲町西川1001番5 旧旭町域 旧旭町役場
柵原総合支所 美咲町久木225番地 旧柵原町域 旧柵原町役場

警察編集

消防編集

経済編集

町内では、ナシ葉タバコブドウピオーネ)、しいたけ黄ニラの生産が盛んに行われている。また、西日本最大級の養鶏場が存在している。養鶏場で採れた卵と、町内の棚田で収穫されたコメを使用した、卵かけご飯によって町おこしを図っている[7]。 旧柵原町は硫化鉄鉱鉱山として栄え、同和鉱業片上鉄道が走っていた。しかし、鉱石産出量減のため、1991年(平成3年)に鉄道は廃線となった。現在は、旧吉ヶ原駅の一部が「柵原ふれあい鉱山公園」として整備されており、有志により毎月1回、保存車両の展示運転が行われている。

教育編集

町内には、小学校5校、中学校3校が設置されている。高等学校・大学等はない。

美咲町では朝食をとらずに登校する児童がいることを町全体の問題として捉え、岡山酪農協同組合の協力を得、児童への乳製品の提供を全国に先駆けて開始した[8]食育の重要性を訴えたこの取り組みに対しては、年間1000万以上の多額の予算がかかることや、食の教育は家庭がすべきことであるといった観点から、様々な批判がある[9]

小学校編集

中学校編集

  • 美咲町立中央中学校
  • 美咲町立旭中学校
  • 美咲町立柵原中学校

交通・通信編集

 
JR亀甲駅

鉄道路線編集

廃止鉄道路線編集

乗合バス路線編集

道路編集

一般国道

都道府県道

テレビ・ラジオ編集

テレビ放送局
町内にテレビ中継局は設置されておらず、近隣の津山中継局および久米南中継局を受信する。それ以外の地域では、ケーブルテレビ等を利用し視聴する。
なお、町営事業として以下の事業を運営している。
ラジオ放送局
町内にラジオ中継局は設置されておらず、近隣の津山中継局を受信する。

電話編集

市外局番は、旭地区が0867(20、21、25、27、29 - 36、39)、柵原地区の一部(王子)が0868(70 - 89)、柵原地区の一部(高下・飯岡)が086(600 - 609、950、951、954 - 958、994 - 999) 、その他が0868(20 - 69)となっている。

  • 0868(20 - 69)エリア
  • 0868(70 - 89)エリア
  • 086(600 - 609、950、951、954 - 958、994 - 999)エリア
    • 赤磐市(山陽地区の一部を除く)・美咲町(柵原地区の一部(高下・飯岡))
  • 0867(20、21、25、27、29 - 36、39)エリア
    • 美咲町(旭地区)・吉備中央町(加茂川地区(一部を除く))

郵便編集

郵便番号は、以下の通りとなっている。

  • 亀甲郵便局:709-37xx、708-15xx[10]
  • 旭郵便局:709-34xx

観光・イベント編集

名所・旧跡・観光スポット編集

 
本山寺の三重塔
 
柵原ふれあい鉱山公園
  • JR亀甲駅
  • 亀甲岩
  • たまごかけごはんの店「食堂かめっち。」
  • 香花温泉ほほえみの湯
  • 津山ゴルフクラブ
  • 興禅寺
  • 普光寺
  • 大垪和西(おおはがにし)の棚田(日本棚田百選)
  • 小山の棚田(日本棚田百選)
  • 本山寺
  • 三休公園
    • 民話の村
    • 民話館
  • まきばの館
  • 旭川湖
  • 両山寺
  • 両山寺観光りんご園
  • 幻住寺
  • 月の輪古墳
  • 柵原ふれあい鉱山公園
  • ザ・オークレットゴルフクラブ
  • あさひ花菖蒲牡丹園
  • 滝谷池
  • 中島公園

祭事・催事編集

  • 星の里マラソン
  • 月の輪まつり
  • 柵原ふれあい鉱山公園列車運行
  • 桜まつり
  • 護法祭

文化施設編集

  • 美咲町中央運動公園
  • 美咲町ふれあいセンター
  • 旭文化会館
  • 美咲町北和気郷土資料館
  • エイコンパーク
  • 美咲町立さつき天文台
  • 月の輪プラザ
  • 月の輪収蔵庫

著名な出身者編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集