メインメニューを開く

津川 辰珍(つがわ たつうず、生没年不詳)は、江戸時代初期の武士豊前小倉藩および肥後熊本藩の藩主細川氏の家臣。

概要編集

室町幕府管領を輩出した斯波氏武衛家最後の当主斯波義銀(津川義近)の三男にあたる。姉に伊勢林藩織田信重の正室、兄に斯波大蔵(法性院殿、早世)、津川近利、弟に津川近治がいる。

通称は「武衛系図」では四郎右衛門。兄・近利の子で甥にあたる近光(近元とも、通称は数馬)とともに熊本藩細川家に仕えたとされ、寛永9年(1632年)の「肥後御入国宿割帳」にも「千二百五十石 津川四郎右衛門」と「五百石 津川数馬」の2名を確認することができる。

辰珍はいわゆる通称等ではない本名(実名)である。定かではないものの、「辰」の字は、後から同じく熊本藩細川氏の客将となった[1]尾池義辰足利義輝の子とされる)からその偏諱を賜ったものと考えられる。義辰が斯波氏の本家筋・主君にあたる足利将軍家の出身とされていることや、斯波氏内・近親者で辰珍より前に「辰」の字を含んだ名前の者は一人もいないといったことからその可能性は高い。跡を継いだ養子・辰房(近光の子)以降の当主も代々通字としてこの字を名前に用いている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『肥後細川家侍帳』によれば、細川氏に仕えたのは津川兄弟の方が先だったとしている。

参考文献編集

  • 「武衛系図」(続群書類従 巻百十三 系図部八)
  • 松本寿三郎「肥後細川家侍帳(一)」(1977年)