メインメニューを開く

尾池 義辰(おいけ よしたつ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武士生駒家、後に熊本藩主・細川忠利の客将。足利将軍家一族といわれる。

 
尾池義辰
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 不明
死没 不明
改名 義辰→入道道鑑
別名 保耀、保輝、通称:玄蕃
主君 生駒氏細川忠利
氏族 足利氏?→尾池氏
父母 父:足利義輝?、母:烏丸氏娘?
養父:尾池光永
西山至之、藤左衛門、官兵衛

讃岐国出身。当初は讃岐高松藩藩主生駒家の家臣、後に細川忠利の客将となり、出家して入道道鑑と号す。子は尾池伝右衛門(のち西山至之)、尾池藤左衛門尾池官兵衛は義辰、同じく熊本藩家臣の津川辰珍はこの偏諱(「辰」の字)を受けたとされる。また「姓氏家系大辞典」では諱を「保耀(やすてる、表記は保輝とも)」としている。通称は玄蕃。一般では尾池玄蕃として知られる。「三百藩藩主人名事典 第七巻」の表記では『足利義辰入道道鑑』と表記されている。なお、「系図纂要」では登場しない。

「姓氏家系大辞典」では養父を本姓桓武平氏平頼盛後裔を自称する)の尾池光永(嘉兵衛、玄蕃)とする。

経歴編集

大田亮の「姓氏家系大辞典」では『全讃史』の説をとり、室町幕府13代将軍足利義輝烏丸氏[1]との遺児という。永禄8年(1565年)に父の義輝が三好三人衆および松永久秀らに暗殺された(永禄の変)際、懐妊していた烏丸氏は近臣の小早川外記と吉川斎宮に護衛されて、讃岐横井城主・尾池光永に匿われた。ほどなくして烏丸氏は義辰を出産し、義辰は光永の養子となる。讃岐の生駒家に仕え、2000石を拝領した。後に2000石のうち1000石は長男の伝右衛門に、残り1000石は藤左衛門に与えた。また、末子の尾池官兵衛は西讃岐に残る。

「三百藩家臣人名事典7」[2]では、義輝の弟である足利義昭より下の弟としている。かつて義輝や義昭に仕えた細川藤孝(幽斎)の孫にあたる細川忠利に招かれて100人扶持を給されて大坂屋敷に居住する。子の伝右衛門と藤左衛門は生駒騒動島原の乱が起こった寛永14年(1637年)に肥後国熊本藩に下り、それぞれ1000石拝領される。後に長男の伝右衛門は西山至之(右京)と改称したという。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 仮にこの説が本当なら義輝正室近衛氏なので、側室と思われる。
  2. ^ なお同書の熊本藩の執筆は執筆年当時、熊本大学文学部教授であった松本寿三郎による執筆

出典編集