メインメニューを開く

津軽 信著(つがる のぶあき)は、陸奥弘前藩の第6代藩主。

 
津軽信著
Tsugaru Nobuaki.jpg
津軽信著像(長勝寺蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 享保4年2月27日1719年4月16日
死没 延享元年5月25日1744年7月5日
改名 勝千代(幼名)、信著
戒名 顕休院殿真道妙因大居士
墓所 東京都台東区上野の津梁院
青森県弘前市長勝寺
官位 従五位下、出羽
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
陸奥弘前藩
氏族 津軽氏
父母 父:津軽信興、母:近衛家煕の養女・梅応院
兄弟 信著脇坂安興正室、松平忠恒正室
正室:浄心院有馬則維の三女)
側室:円受院
信寧仙石好古(次男)

生涯編集

享保4年(1719年)2月27日、津軽信興(第5代藩主・津軽信寿の長男)の長男として生まれる。享保15年(1730年)、父信興が早世したため、翌享保16年(1731年)1月22日、祖父信寿の嫡孫となった。同年2月15日、将軍徳川吉宗御目見する。同年5月16日、信寿の隠居により、家督を譲られる。同年12月23日、従五位下・出羽守に叙任した。

相続編集

当初は比較的裕福であった弘前藩の財政であったが、風雅趣味であった先代藩主・信寿の浪費に天災なども加わり、この頃の藩財政は困窮気味であった。また信寿の浪費が幕閣に知れ渡り、浪費を嫌い倹約を推し進めていた将軍・徳川吉宗たちに先代の評判はあまり芳しくはなかった。信寿から13歳の少年への家督相続は、幕府からの懲罰とも伝えられている。

藩を継承した信著の治世期は不運にも、凶作・松前大島噴火による津波・数度の洪水、疫病の大流行、害虫の大発生、城下や青森町の大火、蝦夷地有珠山の噴火の影響による群発地震、果ては領内大地震など、天災が相次いだ。領民は困窮を極め、結果として藩財政も著しく悪化した。

藩政改革の断行編集

藩の危機的事態を打破するためにも、信著および津軽藩は藩政改革を断行する。当初は13歳での相続でもあり、先代からの家臣や藩政をそのまま継承していたが、15歳ごろから家臣の入れ替えを行い、様々な改革に着手し始めた。改革の内容は倹約令や借米制度を中心とした、当時の幕府の方針に沿ったものであった。

藩政改革の内容編集

方向性としては幕府の享保の改革のプランに沿ったものである。藩士には倹約令を出し、また正装の簡略化を命じて無駄を減らした。天災で困窮する農民に対しては、富豪から御用金を徴収して救済に当てた。城下に訴訟箱を設置して広く民間の意見を求める政策も行った。その他蘭学を中心とした文武を奨励するなど、倹約消極策だけではなかったが、これも吉宗の方策に近いものである。これは幕府におもねったわけではなく、全国的な当時の改革のスタイルだったと思われる。

藩政改革の頓挫編集

延享元年(1744年5月11日弘前城下で大火が起こった。この直後の5月25日に信著が26歳で病死したため、藩政改革は一旦頓挫した。死後、家督は長男の信寧が継いだ。

偏諱を与えられた人物編集