メインメニューを開く

津軽 模宏(つがる のりひろ)は、江戸時代中期から後期の陸奥弘前藩士。通称頼母(たのも)で知られる。

 
津軽模宏
時代 江戸時代
生誕 宝暦7年(1757年
死没 天保2年1月4日1831年2月16日
別名 頼母、金蔵(通称)、東山
弘前藩
氏族 津軽氏
父母 父:寧都、養父:津軽範盛
兄弟 尚徳模宏

生涯編集

津軽寧都の六男として生まれる。津軽範盛の養子となり、天明6年(1786年)に500石の家督を継いだ。寛政4年(1782年)に表書院番頭用人となり、同9年(1797年)に100石、翌10年(1798年)にも200石の加増を受け、家老となった。寛政11年(1799年)には、藩校稽古館の2代目総司となった。文化元年(1804年)、若年寄堀田正敦より青森を20年間幕府で借り上げたいと申し出が来ると、津軽家の判断だけでなく近衛家の沙汰がなくてはいけないといい、借り上げを防いだ。文化4年(1807年)5月21日、ロシア船が択捉島陣屋に来襲し、狼藉を働いたとき、藩主・津軽寧親不在のため、総登城で会議を開き、一人で意見を取りまとめた。その結果、25日には大正竹内源太夫以下、500人の松前派遣を決定した。文政4年(1821年)の相馬大作事件岩木山麓の鬼沢民次郎一揆なども模宏が対処した。また、書道に優れ、囲碁の名手でまた名家老であった。その結果、「津軽十万石に過ぎたる名家老、天下の三大家老」とも言われた。

参考文献編集

  • 「青森県人名大事典」1969年、東奥日報社