メインメニューを開く

浅井 淑子(あざい よしこ、1917年7月 - 1980年1月4日[1])は、教育者服飾研究家、学校法人浅井学園元学園長、専門学校北海道ドレスメーカー学院初代院長、北翔大学の前身にあたる北海道女子短期大学創立者。

目次

来歴編集

北海道札幌市生まれ。叔父を頼って上京し、1934年東京国華女学校卒業。その後、東京女子医学専門学校に合格し、札幌に帰るも、父に反対され女医の道を断念。生家の家事を手伝いながら、近くの塾で洋裁を学び、再び上京して、1939年杉野ドレスメーカー女学院師範科卒業。同女学院で学んだ洋裁技術を生かし、同年、両親の反対を押し切り、無理に金策してでも゛女性の腕に職業を、そして自立の意志を″という強い願いを込め「北海ドレスメーカー女学園」を創立。園長に就く。1947年浅井猛と結婚。実業界で鍛えた猛の経営手腕を生かし、教育事業拡大を展開した。1950年杉野学園ドレスメーカー学院に再入学し、杉野芳子から学校経営ノウハウを学び、デザイナー科を卒業。1957年学校法人浅井学園学園長。1960年名寄女子短期大学家政科助教授(~1963年)。1963年「北海道女子短期大学」開学に夫・猛と共に関わる。同年、北海道女子短期大学服飾美術科教授・同科科長(~1980年)。

主な公職編集

エピソード編集

  • 浅井淑子はドレスメーカー学院で、杉野芳子からデザイナーとしての資質のみならず、学校経営や経営方針に至るまで学び取り、以後、杉野芳子と同様自らが学校経営の指揮を執り、夫は理事長としてそれを支えるという体制を採った。
  • 1947年1971年まで17回も北海道各地でファッションショーを敢行したという。
  • 1953年1977年に7度にわたり、欧州米国に自ら進んで服飾の海外研修を行ったという。
  • 夫と共に洗礼を受け「アナスタジア」という洗礼名を持っている。
  • 逝去後、顕彰活動の一環として北翔大学構内の第二体育館横に夫・浅井猛と共に胸像が建っている。

受賞歴編集

  • 北海道知事賞(1963年)
  • 北海道知事表彰(1968年)
  • 札幌市民文化奨励賞(1977年)
  • 勲五等宝冠章、北海道開発功労賞(1980年)

家族編集

  • 夫は、学校法人浅井学園初代理事長浅井猛。子息に、学校法人浅井学園前理事長・北海道浅井学園大学前学長・北海道浅井学園大学短期大学部前学長の浅井幹夫。息女に、北海道ドレスメーカー学院2代学院長の浅井洋子がいる。

著書編集

『服飾図案集』(鎌倉書房, 1949年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ほっかいどう百年物語 北海道の歴史を刻んだ人々──。』第5集、STVラジオ編、中西出版、2004年、86頁。ISBN 978-4-89115-134-8

参考文献編集

  • 『追想:浅井淑子を偲ぶ』(学校法人浅井学園編集発行、1985年)
  • 『学校創立者人名事典』(日外アソシエーツ編集・発行、2007年)
先代:
-
専門学校北海道ドレスメーカー学院院長
初代: 1939年1980年
次代:
浅井洋子
先代:
-
学校法人北海道浅井学園学園長
初代: 1957年1980年
次代:
浅井猛