メインメニューを開く

浅井 良夫(あさい よしお、1949年 - )は、日本の経済学者日本経済史専攻。成城大学経済学部教授(同大学院経済学研究科教授を兼務)。

1971年横浜国立大学卒業後、1976年一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。一橋大では中村政則[1]永原慶二らの指導を受けた[2]。1976年より成城大学に勤務。2002年『戦後改革と民主主義』で、一橋大学博士(経済学)。 ゼミでの教え子に、文芸評論家の斎藤美奈子がいる(斎藤美奈子『モダンガール論』文春文庫(2003年)の解説参照)。

著書編集

ほか

脚注編集