メインメニューを開く

浜名 志松(濱名 志松、はまな しまつ、1912年10月12日 - 2009年1月9日)は、日本の民俗学者、天草文化研究家、キリシタン研究家。

来歴編集

熊本県天草郡魚貫村(現・天草市魚貫町)出身。1936年より小学校・中学校教員、熊本県立本渡高等女学校(現・熊本県立天草高等学校)教諭、熊本県教育庁指導主事、天草教育研究所長、1972年天草町教育長。1959年天草文化賞、1987年信有社賞受賞、1991年熊日賞受賞、勲五等双光旭日章受章、1992年荒木精之賞受賞、1995年地域文化功労者文部大臣表彰受賞、1998年天草観光協会賞、日本観光協会九州支部長賞受賞。

著書編集

  • 『天草伝説集』葦書房 1986
  • 『天草の土となりて ガルニエ神父の生涯』日本基督教団出版局 1987
  • 『九州キリシタン新風土記』葦書房 1989
  • 『天草・霊験の神々』国書刊行会 1990

共編著編集

  • 『日本の民話 天草の民話』編 未来社 1970
  • 『日本の昔話 19 肥後の昔話』三原幸久三宅忠明共編 日本放送出版協会 1977
  • 『五足の靴と熊本・天草』編著 国書刊行会 1983

参考編集