浜野アキオ

日本の翻訳家

浜野 アキオ(はまの あきお、1961年[1]- )は、日本の翻訳家。宮城県生まれ[1]京都大学文学部卒業[1]

翻訳編集

  • ロバート・アントン・ウィルソン 『サイケデリック神秘学―─セックス・麻薬・オカルティズム』 ペヨトル工房 1992
  • アンドリュー・M・ウェルマン『S.F.W.──So Fucking What』 太田出版 1992
  • バリー・マイルズ英語版 『フリーク・アウト──フランク・ザッパの生活と意見』 ブルース・インターアクションズ 1994
  • デニス・クーパー 『クローサー』 大栄出版 1994
  • エド・ゴーマン、マーティン・H・グリーンバーグ編 大久保寛 他訳 『プレデターズ』 『危険なやつら』 扶桑社(扶桑社ミステリー) 1994
    • ジョイス・ハリントン「カリグラフィー・レッスン」
    • ジョン・シャーリイ 「ゴムの笑い」
    • ジェイムズ・キシュナー 「醜悪さに牙を剥く」
    • エド・ナーハ 「渇望」
  • デイヴ・トンプスン 『レッド・ホット・チリ・ペッパーズ』 ブルース・インターアクションズ 1995
  • デニス・クーパー 『その澄んだ狂気に』 大栄出版 1995
  • 風間賢二 編 『天使と悪魔の物語』 筑摩書房ちくま文庫) 1995
    • セオドア・R・コグズウェル 「スリージー」
  • チャールズ・ウィルフォード英語版 『危険なやつら』 扶桑社(扶桑社ミステリー) 1996
  • マーティン・H・グリーンバーグ 他編 白石朗 他訳 『ゴーサムカフェで朝食を──22の異常な愛情の物語』 扶桑社(扶桑社ミステリー) 1996
    • マイケル・オドナヒュー 「サイコ」
    • ジョン・シャーリイ 「バーバラ」
    • カール・エドワード・ワグナー 「ロケットのなかの欲望」
  • ブルース・クレイヴェン 『逃走天使』 大栄出版 1997
  • マーティン・ベッドフォード 『復讐×復習』 扶桑社(扶桑社ミステリー) 1998
  • ピーター・ヘイニング編 風間賢二 他訳 『ヴァンパイア・コレクション』 角川書店角川文庫) 1999
  • ヤーロン・スヴォレイ、トマス・ヒューズ 『スナッフ・フィルム追跡』 扶桑社(扶桑社ノンフィクション) 2000
  • エド・マクベイン、オットー・ペンズラー編 加藤郷子 他訳 『アメリカミステリ傑作選2001』 DHC(アメリカ文芸「年間」傑作選)2001
    • エド・ゴールマン 「闇に潜む狂気」
  • ジャック・オコネル『闇に刻まれた言葉』 ソニー・マガジンズヴィレッジブックス) 2002
  • シェイン・マローニー 『ブラッシュ・オフ』 文藝春秋文春文庫) 2002
  • アンディ・バーマン 『エレクトロボーイ──躁鬱病をぶっとばせ』 文藝春秋(文春文庫)2003
  • ジェイソン・スター 『嘘つき男は地獄へ堕ちろ』 ソニー・マガジンズ(ヴィレッジブックス) 2004
  • チャールズ・ウィルフォード 『炎に消えた名画』 扶桑社(扶桑社ミステリー) 2004
  • アレグザンダー・トロッキ『ヤング・アダム』 河出書房新社(Modern & classic) 2005
  • キャロル・アン・デイヴィス 『少年たちはなぜ人を殺すのか』 文藝春秋(文春新書) 2008
  • マックス・ブルックス英語版WORLD WAR Z』 文藝春秋 2010
  • マーク・ボジャノウスキ 『ドッグ・ファイター』 河出書房新社 2013
  • チャールズ・ウィルフォード 『拾った女』 扶桑社(扶桑社ミステリー) 2016
  • ジョン・ヴァードン 『数字を一つ思い浮かべろ』 文藝春秋(文春文庫) 2018
  • エリオット・チェイズ 『天使は黒い翼をもつ』 扶桑社(扶桑社ミステリー) 2019

脚注編集

  1. ^ a b c 浜野 アキオ|著者|河出書房新社”. 2020年5月12日閲覧。