メインメニューを開く
浦安三社祭(2008年6月)

浦安三社祭(うらやすさんじゃまつり)とは、夏季オリンピックと同じ年に千葉県浦安市で行われる夏祭り

同市の母体となった3集落それぞれの鎮守である猫実(ねこざね)の豊受(とようけ)神社堀江の清瀧(せいりゅう)神社、当代島の稲荷神社から神輿が出る。

この祭りでは「マエダ、マエダ」というかけ声が特徴的である。これは、漁村気質からの暴れ神輿をまっすぐ進ませるために「前だ、前だ」とかけられたかけ声に由来すると言われる。

担ぎ方は市川市行徳地区と共通の「行徳かつぎ」であり、「地すり」(地面すれすれまで神輿を下げ、回転させる)、「放り受け」(空中に投げ上げる)と呼ばれる動作を、交差点など神輿渡御ルートの主要な地点で行う。 市が交通規制や資金などを援助しているので、町内会のみで運営されているものよりも規模が大きい。

外部リンク編集