メインメニューを開く

清瀧神社(せいりゅうじんじゃ)は、千葉県浦安市堀江にある神社

清瀧神社
拝殿
所在地 千葉県浦安市堀江四丁目1-5
位置 北緯35度39分43.81秒
東経139度53分28.27秒
主祭神 大綿津見神
創建 建久7年(1196年)
例祭 6月15日
テンプレートを表示
2012年6月に新造された一之鳥居

概要編集

祭神大綿津見神(海の神)。本殿は上総国ケヤキの大木を使用し1855年安政2年)9月に造られたもので、浦安市の指定文化財となっている。また、建築様式は木造三間社流造りで、神紋は右三つである。

歴史編集

  • 1196年建久7年) - この年の創建と伝えられる。
  • 1299年永仁元年) - 津波に遭い本殿が倒壊。
    • 更に元禄・享保・寛政の各年間にも津波の被害に遭う。
  • 1855年安政2年) - 本殿が再築され、狛犬が奉納された。
  • 1896年明治29年) - 拝殿が建立される。
  • 1923年大正12年) - 拝殿を修築する。
  • 1971年昭和46年) - 社務所と玉垣が建築される。
  • 1982年(昭和57年) - 本殿が浦安市有形文化財に指定される。
  • 2012年平成24年) - 一之鳥居が建替えにより新造される[1]

境内編集

境内社編集

境内には以下の末社がある。

祭事編集

 
夏越大祓式における茅の輪
年間行事
月次祭
  • 毎月1日・15日 - 月次祭

脚注編集

外部リンク編集