メインメニューを開く
日本 > 千葉県 > 浦安市 > 堀江 (浦安市)

堀江(ほりえ)は、千葉県浦安市大字。現行行政地名は堀江一丁目から堀江六丁目。郵便番号は279-0041[2]

堀江
堀江の位置(千葉県内)
堀江
堀江
堀江の位置
北緯35度39分38.22秒 東経139度53分30.87秒 / 北緯35.6606167度 東経139.8919083度 / 35.6606167; 139.8919083
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Urayasu, Chiba.svg 浦安市
人口
2017年(平成29年)10月31日現在)[1]
 • 合計 15,534人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
279-0041[2]
市外局番 047[3]
ナンバープレート 習志野

目次

地理編集

埋立前からの旧町域である元町地区に属する。区域内にはフラワー通りが通っている。二丁目に東榮信用金庫浦安支店、三丁目に市川市農業協同組合浦安支店、四丁目に浦安市消防署堀江出張所、五丁目に浦安堀江郵便局、市立南小学校、六丁目に浦安病院、東京東信用金庫南行徳支店浦安出張所がある。東は東野、西は東京都江戸川区東葛西、南は富士見、北は猫実と接している。

地価編集

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日に公表された公示地価によれば、堀江1-14-23の地点で23万3000円/m2となっている。[4]

歴史編集

元は江戸川(旧江戸川)河口左岸の三角州境川以南の先端部までを領域とし、さらに右岸側の中州も村内に組み込んで「堀江新田」として開発した。1895年明治28年)に千葉県、東京府埼玉県の3府県にまたがって江戸川を境界とすることが確定し、河口右岸の堀江新田は東京府の南葛飾郡葛西村に編入された(現江戸川区南葛西・堀江町)。1982年昭和57年)に住居表示が実施され、北半部が堀江一丁目〜堀江六丁目、南半部が富士見一丁目〜富士見五丁目となった。区域内にはフラワー通りがあり、かつては浦安一の繁華街であった。

地名の由来編集

鎌倉時代に、地内に小さな港が作られていたことから「堀江」となったと言われている。

沿革編集

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)10月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
堀江一丁目 1,702世帯 3,136人
堀江二丁目 1,255世帯 2,290人
堀江三丁目 1,182世帯 2,126人
堀江四丁目 1,919世帯 3,483人
堀江五丁目 1,180世帯 2,258人
堀江六丁目 1,226世帯 2,241人
8,464世帯 15,534人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
堀江一丁目 全域 浦安市立南小学校 浦安市立堀江中学校
堀江二丁目 全域
堀江三丁目 全域
堀江四丁目 全域
堀江五丁目 全域
堀江六丁目 全域

施設編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 住民基本台帳人口(字別)”. 浦安市 (2017年11月2日). 2017年11月15日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月15日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年11月15日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 印西市立小・中学校の通学区域”. 浦安市 (2014年4月23日). 2017年11月15日閲覧。