浮き雲』(うきぐも、フィンランド語Kauas pilvet karkaavat英語Drifting Clouds)は、1996年公開のフィンランド映画。日本公開は1997年

浮き雲
Kauas pilvet karkaavat
監督 アキ・カウリスマキ
脚本 アキ・カウリスマキ
製作 アキ・カウリスマキ
出演者 カティ・オウティネン
音楽 シェリー・フィッシャー
撮影 ティモ・サルミネン
編集 アキ・カウリスマキ
配給 フィンランドの旗 スプートニク
日本の旗 ユーロスペース
公開 フィンランドの旗 1996年1月26日
日本の旗 1997年7月26日[1]
上映時間 96分
製作国  フィンランド
言語 フィンランド語
製作費 FIM(旧通貨フィンランド・マルッカ) 5,562,154(見積もり)[2]
€ 935,487に相当
テンプレートを表示

過去のない男』、『街のあかり』へと続く、アキ・カウリスマキの三部作の第一作。

ストーリー編集

ヘルシンキにあるレストラン”ドゥブロヴニク”で給仕長を勤めるイロナ(カティ・オウティネン)は、路面電車の運転士である夫ラウリ(カリ・ヴァーナネン英語版)と共に、質素ではあるが幸せに生活していた。しかし、世の中が不況になって、ラウリの会社は縮小せざるを得なくなり、ラウリは整理解雇されてしまう。時を同じくして、”ドゥブロヴニク”も大手チェーン店に買収され、従業員たちはみんな解雇されてしまう。

夫婦は職探しに苦労し、途方にくれる。イロナはやっとの思いで安食堂のコック兼給仕係の仕事を見つける。しかし、店に税務所の調査が入り、営業停止になってしまい、イロナに給料は支払われなかった。ラウリは経営者の家に妻の給料を請求しに行ったが、逆に袋叩きにされてしまい、港の近くにほうり出される。

ラウリは一週間、安ホテルで過ごした後帰宅すると、家と家財は差し押さえになっていて、イロナはラウリの妹の元に身をおいていた。ラウリは当面、イロナの元同僚のメラルティン(サカリ・クオスマネン英語版)の元で靴の修理職人の仕事に就き急場をしのぐが、彼はイロナに自分たちでレストランを経営しようと持ちかける。

イロナが出店計画を見積もり、銀行に借り入れを申請するが貸してくれるところはなかった。ラウリは車を売り払いカジノで金額を増やそうとするが、負けて全部スッてしまう。イロナは面接に行った美容院で偶然、”ドゥブロヴニク”の元経営者スヨホルム夫人と再会する。

イロナの計画を聞いて、スヨホルム夫人は資金を出すからレストランを開業しなさいとイロナに勧める。ラウリとメラルティンは”ドゥブロヴニク”の元コックで、アルコール依存のため浮浪者になっているラユネン(マルク・ペルトラ英語版)を探し出し、アルコール患者の更生施設に彼を送り込み更生させる。”レストラン ワーク”の開店の準備は順調に進み、いよいよ開店の日がやって来る。お昼の時間が過ぎても客足はなかった。しかし、しばらくするとお客が入り始め、お店がいっぱいになった上に、夜に30人の団体予約まで入る。店のドアの前で、イロナはタバコを吸いながらラウリと共に空と雲を見上げる。

キャスト編集

スタッフ編集

評価編集

  • 1997年キネマ旬報外国映画ベスト・テン第3位[4]

脚注編集

  1. ^ Kauas pilvet karkaavat#Release info IMDb 2017年8月23日閲覧。
  2. ^ Kauas pilvet karkaavat#Box office / business IMDb 2017年11月3日閲覧。
  3. ^ Kauas pilvet karkaavat#Full Cast & Crew IMDb 2017年11月3日閲覧。
  4. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン90回全史』 キネマ旬報社、2017年7月28日初版。

関連項目編集

外部リンク編集