メインメニューを開く

過去のない男

過去のない男』(フィンランド語Mies vailla menneisyyttäL'Homme sans passéThe Man Without a Past)は、2002年公開のフィンランド映画

過去のない男
Mies vailla menneisyyttä
監督 アキ・カウリスマキ
脚本 アキ・カウリスマキ
製作 アキ・カウリスマキ
出演者 カティ・オウティネン
マルック・ペルトラ
音楽 レーヴィ・マデトーヤ
撮影 ティモ・サルミネン
編集 ティモ・リンナサロ
配給 ユーロスペース
公開 フィンランドの旗 2002年3月1日
フランスの旗 2002年5月22日CIFF
日本の旗 2003年3月15日
上映時間 97分
製作国  フィンランド
ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス
言語 フィンランド語
製作費 FIM 8,000,000
テンプレートを表示


2002年カンヌ国際映画祭グランプリ、主演女優賞受賞、サン・セバスティアン国際映画祭国際批評家連盟賞、ハンブルク映画祭ダグラス・サーク賞受賞。

サウンドトラックに、楽曲「ハワイの夜」(クレイジーケンバンド)と「Motto Wasabi」(小野瀬雅生ショウ)が採用されている。これは、カウリスマキ・ファンである小野瀬雅生が、自分たちのCDが出るたびに、かかさずカウリスマキに送っていて、彼等のサウンドが気に入られたためである。

ストーリー編集

フィンランド、ヘルシンキ。この地に向かう列車の乗客の中にその男はいた。たどり着いた夜の公園で彼は一眠りしていたが、そこに現れた3人組の暴漢に身ぐるみ剥がれた上にバットで執拗に殴打され、半死半生の身で病院に搬送された。一時は死んだと診断された男だったが奇跡的に蘇生した。

その後、港の岸辺で再び昏倒していた男を救ったのは、コンテナに住む一家であった。徐々に回復していった彼であったが、一家の妻に何者か問われたときに、答えられなかった―――彼は、頭を殴られたことによって、それまでの記憶、それまでの自分を失ってしまっていたのだ。

過去を失った男であったが、そんな彼に港町の人々は快く手を貸してくれる。コンテナ一家の主人は金曜日にスープを配給する救世軍の元に男を連れて行き、「人生は後ろには進まない」と励ます。地元の悪徳警官は彼に空きコンテナを貸し与え、男はその前にじゃがいも畑を作り、拾ったジュークボックスを置いた。職安では身分がないという理由で門前払いを受けたが、救世軍の事務所で仕事を得ることが出来た。そして、そこに属する女性・イルマと仲を深めながら、男は徐々に人間としての生活を取り戻していく。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
イルマ カティ・オウティネン 藤生聖子
過去のない男 マルック・ペルトラ英語版 菅生隆之
救世軍のマネージャー、バンドのヴォーカリスト アンニッキ・タハティ 重松朋
救世軍バンド マルコ・ハーヴィスト&ポウタハウカ
ハンニバル タハティ
ニーミネン ユハニ・ニユミラ 塚田正昭
カイザ・ニーミネン カイヤ・パリカネン 浅井晴美
造船所の事務員 エリナ・サロ
アンティラ サカリ・クオスマネン 楠見尚己
バーのオーナー アンネリ・サウリ
銀行員 オウティ・マエンパー
調査の役人 ペルッティ・スヴェーホルム

外部リンク編集