メインメニューを開く

浮世絵師(うきよえし)は、浅井企画に所属していたお笑いトリオ。2002年結成。2006年11月解散。

浮世絵師
メンバー ユウスケ・黄帝液。
坂爪・ラゴハムニダ
ケンスケデリカット
結成年 2002年
解散年 2006年11月
事務所 浅井企画
活動時期 2002年 - 2006年11月
旧コンビ名 ホライゾン(ユウスケ、ケンスケ)
現在の活動状況 解散
現在の代表番組 なし
テンプレートを表示

目次

メンバー編集

黄色い衣装を着ている。「ホライゾン」時代の芸名は夕日。
  • 坂爪・ラゴハムニダ (1980-06-07) 1980年6月7日(38歳) - 、本名:坂爪進也)血液型O型。
棍棒を持ち青い衣装を着ている。解散後はピン芸人「坂爪進」(さかづめすすむ)として活動している。
  • ケンスケデリカット (1981-03-23) 1981年3月23日(38歳) - 、本名:大田健介 )血液型A型。
赤い衣装を着ている。「ホライゾン」時代の芸名は朝日。

概要編集

メンバー3人はいずれも山梨県出身[1]。ユウスケとケンスケは双子であり[1]、以前は「ホライゾン」というコンビで活動していた。

ユウスケとケンスケは小学校まで2人で遊んでいた。その間に母が英語のテープを聞かせていて英単語が頭に入り込み、日本語のイントネーションがずれてしまった。後に坂爪・ラゴハムニダと3人でお笑いを目指す為に練習をするが、3人の付き合いが長い為、坂爪・ラゴハムニダも日本語のイントネーションがずれるようになった。

2004年以降、『爆笑問題のバク天!』『笑っていいとも!増刊号』等で珍キャラ芸人として取り上げられていた。その背景には事務所の先輩・関根勤の後押しがあった。

解散後の2012年12月3日、西五反田でカレーを中心とした飲食店「びすとろ もちゴリラ」を開店。坂爪がシェフを務める[1]。坂爪がカレーを得意料理としていたことから、3人でカレー店の開業を決意。本場のカレーを学ぶために、インドで3泊4日の修業も行った。帰国後は出店費用捻出のため、中野駅周辺でカレーのリヤカー販売をおこなっていた[1]。店名は坂爪の身体的特徴(もち肌・筋肉質)に基づくあだ名に由来する[1]。2015年に閉店。

大田兄弟の父が山梨県南都留郡でキャンプ場「ネイチャーランド・オム」を経営しているため、DDTが開催するキャンプ場プロレスではマスコットキャラクターのような形で何かしら登場している。2017年からは兄弟の実弟がオーナーとなった。

出演番組編集

脚注編集

外部リンク編集