メインメニューを開く

海上自衛隊東京業務隊(かいじょうじえいたいとうきょうぎょうむたい、英称:JMSDF Service Activity,Tokyo)は、市ヶ谷地区に所在する海上自衛隊防衛大臣直轄部隊である。
業務隊司令は、1等海佐(二)[1]をもって充てられており、防衛大臣の指揮監督を受ける[2]

海上自衛隊東京業務隊
創設 1963年(昭和38年)3月31日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
部隊編制単位
兵科 諸職種混成
兵種/任務/特性 東京地区における管理業務
所在地 東京都 新宿区
上級単位 防衛大臣直轄
テンプレートを表示

概要編集

海上幕僚監部東京都特別区に限る。)に所在する海上自衛隊の防衛大臣直轄部隊及び機関並びに基礎情報支援隊に関する次の業務並びに海上幕僚監部の行う人事事務に必要な資料の作成及び調査研究を行い、海幕等の業務を支援することを任務とする[2]

  1. 文書交換に関すること。
  2. 福利厚生に関すること。
  3. 共済組合に関すること。
  4. 施設の維持管理に関すること。
  5. 給与及び旅費の支給に関すること。
  6. 物品の調達及び補給に関すること。
  7. 車両の管理運用に関すること。
  8. 営内居住を命ぜられた自衛官居住及び給食に関すること。
  9. 防衛省の職員の給与等に関する法律(昭和27年法律第266号)の規定による若年定年退職者給付金に関すること。
  10. 電子計算機等の運用及び維持管理並びに電子計算機等に関する教育訓練及び技術指導に関すること。
  11. 電子計算機のプログラムの作成、保管及び配布に関すること。
  12. その他海幕等の支援に関すること。

沿革編集

  • 1963年(昭和38年)3月31日:海上自衛隊東京業務隊が檜町に新編。
  • 1968年(昭和43年)3月30日:市ヶ谷業務分遣隊が新編。
  • 2000年(平成12年)5月8日:防衛庁の市ヶ谷移転に伴い、市ヶ谷に移転。市ヶ谷業務分遣隊が廃止。

部隊編成編集

  • 総務科
  • 人事作業科
  • 厚生科
  • 会計科
  • 車両科
  • 施設科
  • システム管理科

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
海上自衛隊東京業務隊司令 1等海佐 桒田昌範 2017年12月1日 海上自衛隊航空補給処副処長
歴代の東京業務隊司令(1等海佐(二))
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職
01 西村國五郎 1963.3.31 - 1964.12.15 海機45期
→1964.7.1 1等海佐昇任
自衛隊広島地方連絡部長
02 板谷 毅 1964.12.16 - 1967.1.15 神戸高等商船 横須賀警備隊司令 海上自衛隊東京業務隊付
→1967.4.5 退職・海将補
03 小幡英郎 1967.1.16 - 1968.12.15 海兵64期 海上自衛隊東京業務隊付 海上自衛隊東京業務隊付
→1969.2.17 退職・海将補
04 富田良治 1968.12.16 - 1970.3.15 海兵67期 はまな艦長 海上自衛隊東京業務隊付
→1970.5.18 退職・海将補
05 浜田卓爾 1970.3.16 - 1972.8.15 海機49期 海上自衛隊第1術科学校教育第4部長 海上自衛隊東京業務隊付
→1973.1.1 退職・海将補
06 鬼塚美雄 1972.8.16 - 1973.12.15 海兵71期 呉地方総監部管理部長 海上自衛隊東京業務隊付
→1974.6.21 退職
07 橘 正道 1973.12.16 - 1975.6.30 早稲田大学 自衛隊青森地方連絡部長 自衛隊神奈川地方連絡部長
08 中村 喬 1975.7.1 - 1976.7.15 海機54期 呉警備隊司令 海上自衛隊東京業務隊付
→1976.10.15 退職・海将補
09 岡田 寛 1976.7.16 - 1977.8.31 早稲田大学 統合幕僚会議事務局第1幕僚室 海上自衛隊東京業務隊付
→1978.1.1 退職
10 吉田浩一 1977.9.1 - 1979.1.31 海経36期 第2潜水隊群司令部幕僚 海上自衛隊東京業務隊付
→1979.5.14 退職
11 井上 彬 1979.2.1 - 1979.12.4 海兵75期 海上自衛隊幹部学校研究部員 海上自衛隊東京業務隊付
→1980.2.13 退職
12 金子 繁 1979.12.5 - 1981.7.31 明治大学 厚木航空基地隊司令 海上自衛隊東京業務隊付
→1981.11.1 退職
13 齊藤 實 1981.8.1 - 1983.2.15 上智大学
2期幹候
需給統制隊管理部長 海上自衛隊東京業務隊付
→1983.5.8 退職
14 佐藤貞幸 1983.2.16 - 1985.8.4 明治大学・
19期幹講[3]
大湊地方総監部管理部長 海上自衛隊東京業務隊付
15 塩谷 正 1985.8.5 - 1987.3.15 神奈川大学 需給統制隊企画室長 海上自衛隊東京業務隊付
→1987.5.14 退職
16 下山 巧 1987.3.16 - 1988.3.6 海保大2期・
6期幹候
佐世保警備隊司令 退職・海将補
17 秋澤 巖 1988.3.7 - 1989.7.31 防大3期 海上自衛隊幹部学校主任教官 海上自衛隊第2術科学校
18 長谷川伸雄 1989.8.1 - 1991.3.15 防大5期 海上幕僚監部総括副監察官 海上自衛隊第2術科学校長
19 樋口隆保 1991.3.16 - 1992.12.14 防大5期 海上自衛隊第2術科学校副校長 退職・海将補
20 太田黒幸雄 1992.12.15 – 1996.7.31 防大7期 海上自衛隊第2術科学校副校長 退職・海将補
21 高橋昭光 1996.8.1 - 1997.12.7 防大9期 潜水艦教育訓練隊司令 海上自衛隊東京業務隊付
→1998.1.7 退職
22 山本角八郎 1997.12. 8 - 1999.12.9 防大10期 第1練習隊司令 退職・海将補
23 足立晴夫 1999.12.10 - 2000.12.7 法政大学
23期幹候
海上自衛隊幹部学校学校教官 佐世保地方総監部経理部長
24 小山彌太郎 2000.12.8 - 2002.12.15 防大13期 海上自衛隊補給本部需品部長 退職・海将補
25 小林幹夫 2002.12.16 - 2004.8.1 防大15期 海上自衛隊航空補給処副処長 退職・海将補
26 寺田康雄 2004.8.2 - 2006.12.5 防大17期 海上自衛隊幹部学校主任教官 退職・海将補
27 森 光雄 2006.12.6 - 2009.3.31 防大21期 海上自衛隊幹部学校主任教官 退職・海将補
28 東 祥介 2009.4.1 - 2010.8.1 東京水産大
29期幹候
舞鶴造修補給所長
兼 舞鶴地方総監部技術補給監理官
退職・海将補
29 河原誉政 2010.8.2 - 2012.7.30 防大23期 海上幕僚監部防衛部付 退職
30 眞弓英之 2012.7.31 - 2013.12.23 防大24期 海上自衛隊補給本部需品部長 海上自衛隊東京業務隊付
→2014.3.5 退職[4]
31 余座正一 2013.12.24 – 2015.8.16 防大27期 海上自衛隊補給本部需品部長 退職
32 坂口好明 2015.8.17 - 2017.11.30 茨城大学
35期幹候
呉造修補給所長
兼 呉地方総監部技術補給監理官
退職・海将補
33 桒田昌範 2017.12.1 - 防大31期 海上自衛隊航空補給処副処長

関連項目編集

脚注編集