メインメニューを開く

海馬村(かいばむら)は、日本の領有下において樺太に存在した指定町村)。海馬島からなる。終戦直後にソ連軍が上陸した際、略奪、暴行を恐れた全戸が島より脱出した。東部の北古丹地区に村役場があった。

海馬村
廃止日 1949年6月1日
廃止理由 国家行政組織法施行
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 樺太地方
都道府県 樺太庁 真岡支庁
本斗郡
総人口 751
1941年12月1日
海馬村役場
所在地 樺太庁本斗郡海馬村北古丹
特記事項 1943年4月1日以降は北海地方に所属。
 表示 ウィキプロジェクト

当該地域の領有権に関する詳細は樺太の項目を、現状に関してはサハリン州の項目を参照。

歴史編集

村内の地名編集

大字「鷗澤(通称:一區)」

  • 長浜(ながはま)
  • 鴎沢(かもめざわ)
  • 磯浦(いそうら)
  • 大沢(おおさわ)
  • 望楼下(ぼうろうした)

大字「古丹(通称:二區)」

  • 北古丹(きたこたん。通称:中央)
  • 南古丹(みなみこたん)
  • 宇須(うす)
  • 南宇須(みなみうす)

大字「泊皿(通称:三區)」

  • 泊皿(とまりざら)
  • 東泊皿(ひがしとまりざら)
  • 西浜(にしはま)
  • 海馬浜(とどはま) 



[1][2]

地域編集

教育編集

以下の学校一覧は1945年(昭和20年)4月1日現在のもの[3]

  • 樺太公立海馬第一国民学校
  • 樺太公立海馬第二国民学校

脚注編集

  1. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)より。
  2. ^ 海馬島脱出 子どもたちの敗戦記 (永井豪・著、まつお出版 2016年)より。
  3. ^ 北海道立教育研究所『北海道教育史 地方編2』(1957年)p. 1687

関連項目編集