メインメニューを開く
樺太・本斗郡の位置(1.本斗町 2.内幌町 3.好仁村 4.海馬村)

本斗郡(ほんとぐん)は、日本の領有下において樺太に存在した

以下の2町2村を含む。

当該地域の領有権に関しては樺太の項目を参照。

目次

歴史編集

郡発足までの沿革編集

鎌倉時代室町時代には蝦夷管領安東氏が唐子と呼ばれる蝦夷を統括(『諏訪大明神絵詞』)。 唐子は北海道日本海側や北海岸および樺太南部に居住していた。永仁年間に日蓮宗の僧・日持上人が布教のため渡樺し、好仁村白主と本斗町阿幸に足跡を残した。

江戸時代になると、西蝦夷地に属し慶長8年(1603年)宗谷に置かれた役宅が樺太を管轄し、貞享2年(1685年宗谷場所に含まれた。宗谷では撫育政策としてオムシャなども行われた。宝暦2年(1752年)ころシラヌシにて交易が行われ、寛政2年(1790年)樺太南端の好仁村白主に松前藩が商場(場所)を設置、幕府は勤番所を置く。藩の出先機関の機能も兼ね備えた運上屋も置かれ、樺太でも撫育政策オムシャが行われるようになった。 場所請負人は阿部屋村山家寛政12年(1800年)松前藩、カラフト場所直営。文化4年(1807年)の文化露寇を受け、樺太を含む西蝦夷地が公議御料幕府直轄領)となった(〜1821年第一次幕領期)。白主に山靼(さんたん)交易会所(運上屋)を置き、松田伝十郎の改革[1]により山丹交易は幕府直営とし幕吏立会いのもと白主会所のみで行われることとなった。このとき、山丹人からの借財に喘ぐ蝦夷(アイヌ)の救済措置として、支払えない負債を幕府が立替えている。

文化6年(1809年)樺太が西蝦夷地から分立、北蝦夷地となる。この年から弘前藩がシラヌシに出張陣屋を築き警固に当たった。他に会津藩なども交代で行った。以降、明治8年(1875年)まで、樺太場所(北蝦夷地場所)は栖原家伊達家の共同請負[2]となっていた。西蝦夷地から分立当時の漁場は次のとおり。

○西浦漁場(南方より順次記載)文化6年(1809年)栖原家七代角兵衛信義時代の漁場名[3]

  • 内幌町・・・ウシニコロ(牛荷)
  • 本斗町・・・トコンボ(吐鯉保)、トーウシ(遠節)、ヲコウ(阿幸)、アサンナイ(麻内)

文政4年(1821年)本斗郡域は松前藩領に復した。 その後、松浦武四郎弘化3年初めて渡樺。松浦は安政3年(1856年)にも箱館奉行所の支配組頭・向山源太夫に同行し訪れている。 『鈴木重尚 松浦武四郎 唐太日記』に嘉永7年(1854年)の状況の一部が記されている。

  • 内幌町
    • シラヌシ(白主)・・・会所1棟、蔵数棟、弁天社、アイヌの家7軒
    • ショウニ(宗仁)・・・止宿所1棟、アイヌの家2軒
    • モイレトマリ(武意泊)・・・番屋
  • 本斗町
    • トコンホ(吐鯤保)・・・川の南岸に番屋一棟、板蔵、アイヌの家1軒

幕末の状況について、「北海道歴検図」[4]のカラフトの部分の絵図と松浦武四郎の「北蝦夷山川地理取調図」等によると、会所(運上屋)・役宅はシラヌシ(好二村白主)に描かれ安政4年(1857年)までは、会所・運上屋に役人が居住していたが、人数が増加したため、シラヌシに1棟の役宅を新設することとし、安政5年8月に完成したという[5]

西浦(樺太西岸)には道(本斗西能登呂岬線本斗安別線の前身)が通じ、通行屋・小休所では、ショウニ(本斗郡好二村宗仁)からナヨロ(泊居郡名寄村名寄)まで、途中3カ所を入れ、5カ所に「通行屋」があったという。また、亜庭湾岸方面へも道(新場西能登呂岬線の前身)が通じていた。

幕末当時の宗教施設や漁場については下記のとおり。

○西浦の神社[6][7](南方より順次記載)

  • 好二村・・・能登路岬(白主)弁天社、白主ノトロ岬(白主)弁天社、シラヌシ・白主(白主)弁天社、シヨニ(宗仁)弁天社
  • 内幌町・・・ナイホロ(内幌)弁天社・稲荷
  • 本斗町・・・トコリホ(吐鯉保)弁天社、ヲコー(阿幸)弁天社、アサンナイ(麻内)弁天社

○西浦漁場(南方より順次記載)慶応3年12月 栖原家十代寧幹時代の樺太漁場

  • 本斗町・・・トコンボ(吐鯉保)、トヲブシ(遠節)
幕末の樺太警固

安政2年(1855年日露和親条約で国境が未確定・現状維持とされ、樺太を含む蝦夷地が再び公議御料となった(第二次幕領期)。本斗郡域(白主領)は秋田藩がシラヌシに出張陣屋を築き樺太警固を担当[8]。冬季は漁場の番屋に詰める番人を足軽とし、武装化して警固を行った。万延元年(1860年)樺太警固は仙台会津・秋田・庄内の4藩となるが、文久3年(1863年)以降は仙台・秋田・庄内の3藩体制となる。慶応3年(1867年)樺太島仮規則で樺太全島が日露雑居地とされた。

大政奉還後

慶応4年(1868年)4月12日、箱館裁判所(閏4月24日に箱館府と改称)の管轄となり、同年6月末、岡本監輔、シラヌシ(自主)に官員を派遣し、王政復古を布告して箱館府公議所(裁判所)の出張所を設けた[9]明治2年(1869年)北蝦夷地を樺太州(国)と改称、開拓使直轄領となった。明治3年(1870年)開拓使から分離した樺太開拓使領となったが、明治4年(1871年)樺太開拓使再統合により開拓使直轄領に戻り8月29日廃藩置県。明治8年(1875年)、樺太千島交換条約によりロシア領となったが、明治38年(1905年ポーツマス条約締結により日本領に復帰。樺太民政署を経て明治40年(1907年4月1日内務省の下部組織樺太庁の管轄となった。

郡発足以降の沿革編集

  • 1915年大正4年)6月26日 - 「樺太ノ郡町村編制ニ関スル件」(大正4年勅令第101号)の施行により、宗仁村、南名好村、内幌村、本斗村、阿幸村、海馬村の6村をもって発足。真岡支庁本斗出張所が管轄。(6村)
  • 1918年(大正7年) - 共通法(大正7年法律第39号)(大正7年4月17日施行)1条2項で、樺太を内地に含むと規定[10]され、終戦まで基本的に国内法が適用されることとなった。
  • 1922年(大正11年)10月 - 管轄支庁が本斗支庁に変更。
  • 1923年(大正12年)4月1日(4村)
    • 宗仁村・南名好村が合併して好仁村となる。
    • 阿幸村が本斗村に合併。
  • 1929年昭和4年)7月1日 - 樺太町村制の施行により、本斗町(一級町村)、内幌村好仁村(二級町村)が発足。(1町3村)
  • 1941年(昭和16年)4月1日(2町2村)
    • 内幌村が町制施行して内幌町(一級町村)となる。
    • 海馬村(二級町村)が樺太町村制を施行。
  • 1942年(昭和17年)11月 - 管轄支庁が真岡支庁に変更。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 「樺太ニ施行スル法律ノ特例ニ関スル件」(大正9年勅令第124号)が廃止され、内地編入。
  • 1945年(昭和20年)8月22日 - ソビエト連邦により占拠される。
  • 1949年(昭和24年)6月1日 - 国家行政組織法の施行のため法的に樺太庁が廃止。同日本斗郡消滅。

参考文献編集

関連項目編集